2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水田のメタンガス発生について

先日、水田のメタンガス発生について、話が出ました。
メタンガスについては農業起源のものが多く、特に水田からの発生は問題になっています。

メタンガスは、土壌中に酸素が少ない還元状態で多く発生しますので、その対策には中干しがよいそうです。さらに穂が出揃ってからの三日潅水、四日落水という「間断灌漑」も効果がある。
藁等の堆肥を入れても、この水管理の効果の方が大きいので、しっかり中干しすれば大丈夫とのこと。
昔からやってきたことは、理に適っているんですネ。

遅ればせながら、報告です。
スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月30日

本日30日は、
伝統農管理地・市民農園周辺草刈りを予定したのですが、
天気が危ない。お休みにしました。
少し晴れてくると、これなら作業できたのでは、と気になりますが。

昨日やっと『水のFORUM』9号を入校しました。
自ら始めたことながら、この本作りは毎回死にそう。
分野をつなげるということは、
それぞれ言っていることをつなげ、整合させなければなりませんし、
どの分野からもクレームが入らないようにしなければならない。
一字一句言葉を選び、図版も正確でかつ分かりやすいものにする。
小さなことでは、地図でも川が上か、用水が上か、道路が上か、
そしてセンスよく、と欲張ります。
接続詞、副詞一つでもニュアンスが変わるので、
つたないボキャブラリーを駆使します。
(専門的なことを普通の日本語で表現するって、結構難しいものです。)
稲の株一つひとつをかき回す田の草取りのようです。
それでも、ザル。本当に大変なことをしちゃいました。
(でも今回も面白いですよ。日本の山ははげ山だった、というお話です)

私には無謀な作業でしたが、自分でやったから見えてきたものがある。
埼玉の水ネットワークです。
その一部を担っているのが田んぼです。
田んぼを埋めたら、埋めた分、水ネットワークが壊れます。
水ネットワークが壊れれば、、生き物たちは減ります。
だから私たちは残された田んぼは残したいのです。
「使った水はきれいにして返す」というルールも、
水のつながりを考えると、説得力をもちます。

ということで、昨日は水当番でしたのに、どうにも動けませんでした。
幸いにも、鈴木さんがゴミ浚いをしてくださったとのこと。
ありがとうございました。

これからは、伝統農管理地他の草刈り、
尾島農園の農具舎の棚の上に水のフォルムの草刈り機があります。
ご利用ください。
近く生き物調査をしたいと思います。
ヤマ、田んぼ、管理地を歩いて、どんな生き物がいるか知っておきましょう。

『水のFORUM』10号第1回荒川流域シリーズ最後は「下水道」
年内に完成させねばなりません。
年度末には1~10号までの総合編を完成させねばなりません。
田んぼも収穫のときを迎えます。
考えると気が遠くなりますが、頑張ります。
お力添えのほど、宜しくお願いいたします。



| 市民田んぼ | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月20日水見報告

只今、尾島田んぼは穂が出て、市民農園も少し遅れて穂が出ています。
水もありましました。
hp8_20.jpg

そして生き物も出てきました。
畦には赤ちゃんカエル。稲葉にはオンブバッタ?
その上をトンボやモンシロチョウ、モンキチョウ、アゲハが飛び交い、
空にはツバメ?(今時変?)
hp8_20_2.jpg赤ちゃんカエル

こうなると生き物の名前だけでも知りたい、と思いました。

用水路も多くはないけど、結構水がありました。
ゴミを浚い、浅子田んぼの配水槽をチェック。
多くはないけど、文明堂のカステラのセロハンの包み。
こういうのが暗渠に入ると、壊れたところで水をふさいでしまう。
事前に取り除いてよかった。

浅子田んぼの西隣の植木畑で除草剤散布。
草にだけ効くから大丈夫、とのこと。
でも大雨(最近多い)でも降ったら流れるでしょう、と言いましたら、
会社だから、田んぼも含めて5町歩もあって、草取りなど出来ない、とのこと。
会社だと営利優先で、農地であっても草刈りしないのでしょうか。

と言う私たちの伝統農管理地も草茫々。
23日はここの草刈り。鎌をお忘れなく。
9月初めには耕耘。末にはレンゲの種まきです。
また、オッジスクールの山の皆伐が動き出します。
早ければ秋に植林になりそう。
その後は落ち葉掃きをして、管理地に運んで堆肥にします。
うまくできるかな?

| 市民田んぼ | 14:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月18日報告

中津原です。
近くに行く用事があったので、久し振りに田圃の様子を見てきました。
・用水路の水位は、特に低いとは思えず。元に戻したのか。
・ゴミは膨大、浅子田圃の枡にもゴミが詰まっていて取る。
・それでも田圃にはそこそこ水が入っていた。雨のせいもあるか。
・尾島田圃では、一斉に穂が出ている。
・水のフォルム田圃は、まだ所々に突出して穂を出しているヤツがいる程度。全体にはまだまだ。

もう、お盆明けで穂も出てくるので、中干しは終わって、ドンドン水を入れたほうがいいのではないでしょうか。
担当の方、よろしくお願いします。

水曜日の渡部さん、ご都合いかが?
金曜日は藤原、委員会のため、
よろしければ明日、水曜日水見に行ってきます。 藤原

| 市民田んぼ | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月17日

昨年のブルーベリー畑の写真が見つからず、
慌てて1年のずれがありますが、ブルーベリー畑へ行ったらカメラを忘れた。
雨も降ってきたので、田んぼを見回り。

用水路、水が多くはないけど、ある。
田んぼも水に浸かっていた。
中干しなのか、雨で水があるのか、不明。

道路に車があるので誰かと思ったら、
J区画の尾崎さん。雨の中、一人で草刈りをしていました。
隣の植木畑との間の雑草がひどく、
気になって昨日来、刈っているそうです。
先週辺りから少しずつ草が刈られていましたが、
それも尾崎さんだったのかしら。

家族連れなので端がいいかと、J区画にしたのですが、
雑草がひどい。
今度私たちが刈っておくから、と言って未だ出来ずでした。
今日も一緒にしたかったのですが、どうにも時間がなく。
ゴメンネ。



| 市民田んぼ | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月15日水見報告

10時頃現場到着。
田んぼに水がない。
末端用水路の水位も20cmほど。
どうやら中干しらいし。

校長に連絡。
「朝は来ていたんだけど、それじゃ元を止めたのかもしれないね」とのこと。
やはり見沼はお盆が中干し期らしい。
小熊田んぼや稲垣田んぼでは、すでに穂が出ているけど、
水が止まって大丈夫かな?

比べて!!尾島田んぼも市民農園も、
この時期の中干しはちょうどよい時期(と思う)。

これで1週間ほど水を切ると田んぼが乾いて地割れします。
そこから地中に酸素を補給し、根腐れや病害虫を防除し、
深水だった稲に活力を与えます。

その後は穂が実るので、たっぷり水が必要。
ということで、中津原さん、渡部さん、
多分、来週1週間は水見お休みでもOKかと。

ただ、その後の水管理は頑張りましょう。

それから、校長、市民農園の畦の草を刈ってくださいました。23日の土曜日は第4土曜日なので、残りと、植木畑とJ区画との間や伝統農管理地の草刈り、
できれば末端用水路の浚ったゴミの始末など、
稔りの時期に向けて田んぼ周辺整備をしたいと思います。


鈴木チームは30日に活動だそうです。
ちょうど米の花が咲く頃かもしれない。暑いので、終わっているかな‥‥。
米作りは水管理が大事。そのためには用水のゴミ浚いが大事。
それを知っていただくためにも、
用水路のゴミ浚い、ゴミの分別、お願いしましょうか。

『FORUM』9号、やっと「田で習う2」を書き上げました。
援農での田植後~この春までの記録。
振り返ってみると、非農家である私たちができる手伝いは、
草取り、草刈りなのだと分かりました。
でも、それを求めてくれる農家は無農薬を進める循環型のよい農家。
それが広まれば、地域の二次的自然も再生される。
それでいいのだ!!
そういう視点でまとめました。
これって、表彰ものじゃない?

只今インフォメーション他の原稿書き。
お盆明けには入校したいのですが、
早くから頼んでおいたのに、
図版作成に時間がかかっております。
『FORUM』は文章のみならず、図版もオリジナルが自慢なのですが、
時間がかかって!!

でも、あと一息。頑張っております。

| 市民田んぼ | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水見報告

今朝9時近くに田んぼにつき、
水が少ないので、用水路に行きました。
やはりゴミがたまっていました。
そこのお掃除をして、田んぼに戻りましたが、
まだ水の入りが少ないようです。

田の周りが草刈をされていたので、
尾島校長の自宅によると校長、副校長がおりました。
校長が昨日、田の周りの草刈をしてくださったそうです。

尾島邸サロンで校長と1時間ほど話して、
副校長に美味しいおはぎと梨をご馳走になりました。


渡部

| 市民田んぼ | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月11日水見報告

中津原です。
9時過ぎ、田圃の見回り。例の通り取水口の掃除をしてから田圃の水の入り具合を見たが、相変わらずチョボチョボ。そこに小熊Jr.現れ、お話をする。
小熊田圃ではそろそろ水を控えたいとのこと。給水枡の西側出口は別にして、東側出口は尾島田圃と小熊田圃の共有だからお互い勝手には出来ないのだろうが、まあ、今の水の入り具合で問題ないとのことでした。

昨日、西区南部の巡回委員会。鴨川沿いや荒川堤外地では、殆どの田圃でもう穂が出ており、すでに実が入って垂れている稲もあった。全体に荒川方面が早いのは知っていたけれど、思っていた以上でした。荒川堤外地の広々とした水田はもとより、鴨川沿い林光寺と側ヶ谷戸古墳群との間の田圃の眺めも見事でした。
尾島田圃もあちこちで穂が出ていましたね。小熊田圃はもっと出ている。わが農園はさすがにまだのようですね。それでも、あと1~2週間で穂が出始めるでしょうから、草取りも今週末で済ませなければならないのではないでしょうか。(と、言いながら、僕は8/16の土曜日、別の用事があって田圃にはいけないのですが)

いずれにしろ、わが田圃でもそろそろ水を控えてもいいのか、尾島さんに聞いておいてください。と言っても、特別に何かをするのではなく、放っておけば水が入らなくなるのですが。

以上、ご報告。

藤原です。
いつもお盆の頃、水が止まるといっていましたから、そろそろではないかと。
田の草取り、もう一息したいのですが(稲刈りが大変かと。あのままでは機械に絡まってしまうでしょうネ。稲刈りの前日、または前週に、みんなでコナギを刈るというのはどうかしら。)、

私も今週も出たいのですが、一気に本作りに専念したく。
校長には、お盆なので多分人出は少ないと思います、と申しておきました。
その中、渡部夫妻は出てくださるそうです。

| 市民田んぼ | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大橋さんからの便り

8月8日付け大橋さんからのメールです。

今日は、一日所外活動を行いました。65日間の訓練のうち、語学のない2日間で、近隣の社会福祉施設、児童施設、農家等へのボランティア活動を行うものです。あとは、8月22日に行う予定です。

 迷わず、農家を選択しました。歩いて15分くらいの所にある、カーネーションのハウス栽培農家を6人(青年3人、シニア3人)で支援してきました。午前中はハウス内の雑草取り、午後は出荷前の剪定と次の収穫に備えての剪定(芽整備ということです。)を行いました。暑かったですが、久し振りに土の感触を味わいました。また、農家の温かい受け入れは尾島校長を思い出させました。

 訓練も明日で折り返し点を迎えます。


都市計画支援でドミニカへ行かれる大橋さん。
農業理解はきっと役立つと思う。頑張ってね。
見沼組みも、首都圏の都市の維持管理のために、
農支援を頑張っておりますので。

| 市民田んぼ | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月9日報告

8月9日、第2土曜日、市民農園の活動日。
市民農園各班遅れている田の草取り、尾島田んぼの田の草取り、
それぞれ都合の良い時間に活動。

中津原さんは、早朝~8時頃。
その辺りで藤原、若林さん作業開始。
つづいてGH班の山城さん、
J班の池の上さん家族、BC班の薄井さん、
中村友子さん、渡部さん夫妻、次々と来られて、
それぞれ、自分の班が遅れている方は自分の班を
もういいかな、と思う方は、校長と一緒に尾島田んぼの草取りに励みました。

すでに穂が出て花が咲いているせっかちな稲もあります。
幸い、凌げる暑さ。
大きく育った青田を渡る風が快く、
校長持参のお茶も冷たく、美味しかった。

尾島田んぼのコナギ、大きく育ってしまい、
取り甲斐はあるのですが、取ったコナギが大量で、それが重い。
コナギがぎっしり埋まったあと一列、あと一列、とどんどんやりたいのですが、
コナギは重いし、体が重い。
校長一人で残りを始末するのかと思うと、心苦しいのですが、
「ここまでありがとう、もう大丈夫だから」と校長。
お昼にブルーベリーを買って帰りました。
洗濯して、シャワーを浴びて、
冷やしたブルーベリーを口いっぱいにほおばるのが楽しみです。

後ろ髪を引かれる思いでしたが、そこは渡部夫妻が残ってくださり、
夕方まで取り組んでくださいました。ありがとうございました。
校長もみんなとする作業になれて、一人作業は寂しいらしい。
きっと元気が出たことと思います。

それから素敵なニュース。
校長にそろそろイモの蔓返しでは、と伺うと、
それは大丈夫。
それより、伝統農管理地を整備して、
日除けサロンを作ろうとのこと。

今年はスタートが遅れ、いろいろ準備ができませんでしたが、
一つ一つ解決していきます。どうぞ宜しく。

| 市民田んぼ | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月8日

10時頃~田んぼの水見。

取り入れ口、相変わらずのゴミ。
細かい木工木屑のようなものが大量に。
それを除いて、浅子田んぼの配水槽を見ると、
そこにも同様のゴミ。
取水口の取り入れ口を抜けて届いたらしい。

このグリルを上に上げてゴミを取りたいのですが、
コンクリートのフタが邪魔して取れない。
一応よく水が流れているので、そのままにして帰りましたが、
このコンクリートのフタ何とかならないでしょうか。

取水口直下の水量コントロールのバルブ、
農政課で取り替えてくださった様子。
ありがとうございました。
刈り取り後には浅子田んぼ下の暗渠修理、
お願いいたします。

こうして以前よりは少しずつ良くなっているのですが、
市民農園は地盤高から湛水していないところがあります。
冬場の改修が必要です。
土木屋さんの応援がほしいな。



| 市民田んぼ | 13:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月7日報告

中津原です。

午後、市役所からの帰りに田圃を覗いたら、尾島さんが一人で田の草取りをしていた。もう稲の丈が高くなったから、かがみこんでいる背中が少し見えるだけ。白鷺が来ているのかと思ったら、尾島さんでした。
水の入りが極めて悪い。その前に用水路の膨大なゴミは取ったから何故かと思ったら、尾島さんが浅子田圃の給水枡が詰まっているのではないかと言う。見たら案の定、グリルにゴミが詰まっていた。あそこも見なければいけないのだ。

一応、水の入りが良くなったところで、尾島さんに土曜日には来る旨話してから、少し水上の様子を見て帰ってきました。ファームの田圃の一部には早稲を植えたらしくて、もう穂をつけていたけれど、それはほんの一部、あとはまだこれからのようです。
熊野神社前の排水路も見てきました。チョロチョロ排水している程度。横で作業をしていたお百姓さんと話してきたけど、用水路の水位はだいたいいつもどおりのようです。あそこで上げているゴミの山もひどい。上げるだけで処理がされていないらしい。

| 市民田んぼ | 13:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水見報告

渡部です

今日は午後2時頃から田んぼの水を見に行きました。
水が少なく用水路を見に行きますと、
阿久津建設と書かれた車が止まっていて、
そこの人たちが取水口の工事をしていました。
それで水が止まっていたのです。
ご苦労さまと声をかけ、
私たちは取水口のゴミを取り除きました。

そのあと、気になって尾島ファームに行って見ると
校長と副校長がブルーベリー畑におりました。
そこでお話しをしていますとにわかに激しい雨となり、
5時ごろ小振りになったので、再度取水口をめぐり、
水の流れの状態を確認して帰りました。

| 市民田んぼ | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月4日水見報告

中津原です。
本日10時半ごろ水見。尾島さんが一人来ていて、これから田の草取りを始めるところだと言う。暑いので大変だ。土曜日にはこちらもやると言っておきました。水の状態も話してきた。

用水路の水位が30cmぐらい下がっていて、取り入れ口の土管の上1/3ぐらいが開いている状態(いつもは土管の上端まで水が被っている)。尾島さんは、どこか上流で大量に水を取っているのだろうという。現在はそこそこ水が溜まっているけど、入りが少ないからちょっと心配だ。


藤原です。
先々週、加田屋方面を歩きましたら、見沼ファーム21の田んぼで中干しをしていました。
今はちょうど穂孕みの時期で、大量に水を使っているのでしょう。
水は上流優先ですから仕方がないし、みんな時期を同じにしたら水は足りないから、末流の水不足はやむを得ないかもしれません。

また、先日土曜日、次のような話を聞きました。
見山地区の用水は西縁からで、東縁からの用水は片柳まで(確かに熊野神社直上流で、芝川に向けて大量に排水している)。見山は片柳の余水(水が豊富にあって余れば)をもらうことになっているとのこと。尾島さんも、かつては西縁から開渠が芝川を渡っていた、と言っておられました。見山地区は東縁なのか西縁なのか、今度土地改良区で確認してみます。

また、物理的には加田屋分水路が染谷と片柳に分かれる県道「新方・須賀・さいたま線」の下の暗渠が大変詰まっているそうです。見沼ファームの岡村さん、そこを半分ほど開削したそうです。残りがまだ詰まっているとのことですので、それも確認してみます。

| 市民田んぼ | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月2日報告

オッジスクールの田の草取りが遅れ、心配しましたが、
8月2日、早朝より中津原さん、少し遅れて藤原、
予定を変更して渡部さん、そして若林さん、
ドミニカ支援研修中の大橋さんからも激励のメール
(来週西語の中間試験で頑張っておられるそうです)。
校長も、今日は田んぼに専念できるので、といつものように茶菓を用意されて、
みんなで作業。
2枚のうち西側(市民農園隣り)はほぼ終了しました。
東側は9日にしたいと思います。

雑草は大きくなったコナギ。
これを持ち運ぶのが大変ですので、
袋を畝の間を船のように引いて、作業しました。

やってみて感じたことは、
畝の間を歩くとブスブス言う。
きっと根が浅いのでしょう、
これを踏み固めることが大事なのかな、と思いました。
そして辺りをかき回して酸素の供給。
米作りで田に入らず肥料や農薬に頼るのは、
農家資格はあっても、米作りの資格なし、と思います。

こうして無農薬でやっている私たちの田んぼ、
美しいシラサギがのんびりと遊んでいます。
中津原さんが言われるにはいつも同じシラサギとのこと。
私たちがそばにいても、動じません。
以前、犬の散歩をする方が、
「すみません。うちの犬、田んぼ地帯を歩いてくるんですが、
ここへくると水を飲みたたがるんです」
と飼い主が言っていました。
生き物の方が、田んぼの状態を見分けるのでしょうか。

私は、シラサギがいるか否かを目的とするような、
姑息な活動をしたいとは思いませんが、
田んぼの姿を示すバロメータとして、
また、伸びた稲の上から覗かせるシラサギの白い小さな頭がとても可愛らしく、
人手不足の農家では無理でも、
市民が手伝えばこのような田んぼを作れる!!、
と嬉しく思いました。

9日は、お盆には中干しで水が止まりますので、
その前に、市民農園の取り損ねた田の草取り、オッジスクールの東側田んぼの田の草取りをしたいと思います。
中干しの後は穂が稔りますので、水入れが大事。
それをクリアーしたら、除草剤を使ったり、無駄な施肥をしなくても、
立派な黄金色の稔りの田になるはずです。(なんて大丈夫かな?)
いずれにしても、今年は水があって助かりました。

お盆を前に、
畦畔の草刈りも伝統農管理地の草刈りも気になりますが、
これらは重要な水管理期をはずしてもできますので、
その後、みんなで、と思います。

宜しくお願いいたします。

| 市民田んぼ | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月1日水見報告

中津原です。
木曜日の昼過ぎと今日金曜日の朝、水見。いつ行っても用水路取水口にゴミが詰まっている。そこでせき止められて水位が下がると、サイフォンだから全部の給水枡の水位が下がって水の出が悪くなる。案の定、田圃は土が出ている。ゴミを取ればそこそこ水は入りますが、すぐ詰まるから、結局水が入っていない時間の方が多い。成長、分結に重要なときだから、水は豊富に循環していて欲しいのですが。
半日見なくてもゴミは詰まります。1日2回、朝晩掃除しても足りないくらいです。そこまで行かなくても、渡部夫妻もお帰りになったので、藤原さんと私と3組で、もう少し密な監視体制をつくりましょう。

明日土曜日は、尾島田圃の草取りに行きます。10時頃から用事があるので、6時から8時頃までやろうと思っています。もっと早くからやるのが理想でしょうが、これくらいが精一杯です。起きられるかどうか分かりませんが、まあやってみます。

藤原です。
校長には、渡部夫妻が戻られたので、私たちは月・水・金、土に水見をしますとお話しました。
渡部夫妻には月・水・金のうち何時が希望か伺っています。

今後は誰でも田んぼに行かれたら、用水路取水口にレーキを置いていますので、
ゴミ浚いをお願いします。

明日土曜日は、藤原も早朝出動とします。
若林さんも出ていただけそうです。

| 市民田んぼ | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。