2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月21日 作業報告

2月21日作業報告

14日に引き続きイカリソウ自生地区の整備作業でした。青竹を使って竹垣を作り
年配者が多いことを考慮して、危険のないように階段をなおし
にわか庭師達も中々のものでした。

昼食後は、なめたけの植え付け作業となりました。午前中に用意された
ケヤキの木をほだぎにしてドリルで穴を開け、なめたけ菌を植え付けるのですが
ケヤキは硬い木なのですね。ドリルが止まってしまいそうです。
ついには煙が出てきて今にも火がつきそうです。もっと軟らかい木の方が良かったのかな?
でもパンフにはケヤキも良と書いてあるよねっ、どうなのかな?と校長も首をかしげ
それでも200個ほど植え付け完了、西側の森に安置、収穫は来年の秋になるのだそうです。
爽やかに、皆さん少年時代に還った気分です。
シャワーを浴びてファイヤーを囲めばグリーンツーリズム実感です。

記 渡部




スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嬉しい交流

先ほど公有地管理地隣の高沢さんから電話。
「お宅の草原に資材のようなものが積まれているけど、ご存知ですか」とのこと。
屋敷林整備で集めた小枝の山三つのことでした。
「最近不法投棄が多いので心配しました。騒いでごめんなさい」とのこと。
こちらのほうが何か印でもつけておくべきでした。
それにしても、お隣同士気をかけてくださるとは、本当に嬉しい。農地の共同体って、こうして育むんでしょうか。それと共に農地の不法投棄を監視するって難しいことだな、と改めて思いました。

| 市民田んぼ | 16:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

13日、14日、15日の報告

●13日18:30~さいたま市コミュニティーセンターで開かれた「さいたま・まちプラン市民会議2008」に尾島校長も参加。また、さいたま市ランドコーディネーター協議会会長の鈴木さんも。さいたま市の農地等に関わる緑地保全の話し合いに農家が不在なんて話にならない、と思っておりましたが、同じテーブルで語り合えて本当によかった。こういう交流が増えるなかで相互理解が進み、課題解決も見えてくると思います。

●14日の作業は、もう春?と思わせる暖かい日差しの中で、イカリソウ自生地付近の竹垣作り。青竹がすがすがしい素敵な囲いができました。21日は残りと、イカリソウ自生地に降りる階段作り。丸太を埋め込んで段差を付けます。
09_2_14.jpg

●15日は市民農園地主さんの屋敷林整備。都市の緑地保全活動をする「まちネット」の方々が作業してくださいました。伐採した太めの古木は垣根代りに積み上げ、小枝は同会メンバーの渡辺さんの軽トラックで公有地管理地に運びました。
照葉樹の多い社寺林のような雑木林が少しずつ明るくなってきた。ただ、本家さんや自転車で駆け付けたらしき老人がじっと見ておられて、庭の手入れ、これでいいのかしら?と少々不安でもありました。
管理地は夏の草刈りが大変でしたが、オオイヌノフグリやホトケノザが一面に咲いて星空のよう。草を刈るとこういうものが出てくるのでしょうか。肝心のレンゲがいま一つ見つからないのですが。
003_convert_20090215163223.jpg 005_convert_20090215163515.jpg 023_convert_20090215163655.jpg 026_convert_20090215163739.jpg




| 市民田んぼ | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月7日報告

9時~11時ころまで、シイタケの菌を植え付けるほだ木作り。
尾島農園第3ヤマでクヌギ他(忘れた)を林業及びキノコ栽培に詳しい森田専門官の指導で伐採。
さすがプロ。的確に正確に伐り出す光景、なかなか素敵でした。
ほだ木は1か月ほど寝かせたほうが良いということで、菌の植え付けは来月3月7日に持ち越し。
残り時間は竹囲い修理を完成させ、午後は来週からのイカリソウ自生地の竹囲い作業で使う竹杭つくり。雑木林の中で焚き火を囲んでの作業、久しぶりのメンバーや新入りさん4名も加わり、楽しい一日でした。
これからは毎週毎週、雑木林が色づき、次から次へと花々が咲き出します。一番素敵な季節。見沼の春を我が物にして堪能してください。

009_convert_20090207190215.jpg 013_convert_20090207190312.jpg 026_convert_20090207190411.jpg 029_convert_20090207190455.jpg 033_convert_20090207190545.jpg 035_convert_20090207190633.jpg 037_convert_20090207190957.jpg

追伸 最近、硝酸態窒素過多によるえぐいホウレンソウが気になっていましたが、今日帰りに買って帰った尾島農園のホウレンソウのなんと甘いこと。改めてびっくりしました。こういう野菜を作る農家支援を誇りに思います。

| 市民田んぼ | 17:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせいろいろ

お知らせが遅れましたが、
1.CCMメンバーの鈴木誠さんが上尾公民館で、
見沼田んぼの歴史、活動等をお話しします。
詳細は下の案内チラシをクリックしてください。

Scan1_convert_20090205103753.jpg

2.若林さんからのお知らせ
県内の茅葺、藁ぶきの屋根をもつ歴史的建物の維持、地域の特色を生かす建築などにかかわる仲間を増やしていくための勉強会を開催します。
日時:3月20日午後2時~
場所:県立歴史と民俗博物館内講堂で公開勉強会を開催。
参加費無料。


講師の原田紀子氏は、建築家ではありませんが、川口市内に茅葺小屋を建設しました。西岡棟梁のお話をまとめて本にしたり、伝統技法について造詣が深い方で、地域の大工、左官などを探し出し、建築を楽しんでいます。さいたま市中央区在住で、国立科学博物館を定年退職されたばかりです。

建築学会埼玉支所、県立博物館が軸になり、他の団体にもご参加を呼び掛けています。関心がある方にお知らせください。

| 市民田んぼ | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況報告です

ご無沙汰しました。
やっと『水のFORUM』10号の下水道特集記事書きあがり、
ただいま関係各位に見ていただいているところ。
下水の問題から東京湾の赤潮、青潮問題、
その一番の要因である農地の肥料やりすぎ問題を書きました。

その間に、2件ほど記事に載りました。
日経マガジンは記事内容に問題ありで、すぐにクレームの電話を入れました。
ソトコトは記者の阿久津さんが、内容確認をされたこともあって、短文ですがよくまとめてくださっています。お礼のメールを入れました。

nikkei+hyou1_convert_20090204105323.jpg nikkei+kiji_convert_20090204173537.jpg 日経マガジン1月号
 sotokoto+hyo1_convert_20090204111902.jpg sotokoto+kiji_convert_20090204173633.jpg sotokoto kiji2 ソトコト3月号(写真をクリックすると文字が見えます)

| 市民田んぼ | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。