2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5月23日報告

『FORUM』10号と合冊本発送、及び切手代節約の“魔女の宅急便”で走り回っていまして、報告が遅れました。

23日は本当は水が入って、尾島農園の畦作りを予定したのに、作業の前に尾島校長の挨拶まであったのに、肝心の校長、稲刈り後に藁を燃やしておかなかったから、今になって藁屑集めと焼却。「やることはやっておかないとダメだな」ですって。それってプロが言うこと? 
今年は市民農園の秋耕とともに野焼きも忘れずに致しましょう。

003_convert_20090529180539.jpg 010_convert_20090529180814.jpg 007_convert_20090529180724.jpg
ということで暑い中の焚き火と相成りました。みなみちゃんも暑さの中お疲れ様。

016_convert_20090529180915.jpg 021_convert_20090529181002.jpg
午後は水入れ準備。中津原さんと平沢さんで水槽チェック。

本日29日も、田に水が入っていないという連絡で、中津原さん、藤原が田んぼに走りましたら、着いた時は水が来ていました。そう、利根川の水が届いたのです。
明日はこの水を使って畦を作ります。
見山は末端でこれからですが、周囲の田んぼにはだいぶ早苗が並ぶようになりました。
稲作は今が一番忙しい時ですが、“ここに始まる”と思うとワクワクします。


スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月16日報告

市民農園西畦の犬走り?作り。
池ノ上さん家族、北山さん、藤原は井上さんの竹林に入り、井上さんから枝の払い方を習って保存竹を残して伐採。
鈴木さん、渡部夫妻は、太めの竹を80cmほどで一方を斜め切りにし、40本ほどの杭を作成。
その搬送は、井沢弥総兵衛為永像につながる石関君(幼なじみ故、そう呼ばせていただきます)が軽トラ持参で受け持って下さいました。
横に積み上げる長い竹は、鈴木さんの自転車に縛り付けて引きずって搬送。藤原も車に乗せて搬送。
杭打ちはもっぱら北山さん、石関君が頑張って下さり、あとは横に竹を積みました。来週、再来週、畦作りの時に、竹が足りなければ井上さんのヤマから切り出して増やしてください。七夕の竹もどうぞ。
010_convert_20090517105453.jpg 011_convert_20090517112149.jpg 012_convert_20090517112711.jpg
 
017_convert_20090517105743.jpg 019_convert_20090517105848.jpg 022_convert_20090517105956.jpg

午後は渡部勝さんと藤原で、尾島農園の畦の草刈り。来週は尾島農園の畦作りですので、畦塗がうまくいくように短く短く刈りました。

●来週23日は尾島農園の畦作り。ここで畦作りを学び、翌週30日に市民農園の畦を作ります。
同時に市民農園と浅子農園の畦の草刈り(草を残さないように短く刈ってください)。できれば白子農園の草も刈ります。
●藤原は浅子さんから農具を拝借してきます。(黄色いテープを貼ります)
 どなたか尾島さんの農具を拝借してきてください。(尾島農園の農具はテープなし。水のフォルムの 農具にはグレーのテープを貼ります。作業が終わったら必ず同じ色のテープごとに集めてください。)
●これからは田んぼに水が入ります。田植え用長靴が必要です。ご注文いただいた方の分は田んぼにもっていきます。泥ハネしてもよい身支度でお願いします。






| 市民田んぼ | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月11日報告

今日しか空いていないとのことで中津原さん、午後いっぱい、6時半まで市民農園の3回目の耕耘をしてくださいました。
昨年の稲刈り後、多忙で秋耕をしなかったためか、さらにここへ来て1回水が入ったためか、土が細かい粒子にならない。それでも何とか3回の耕耘で整いましたが、やはりやるべきことはやっておかないとだめですネ。
今年は多忙でも、「秋耕は?」と、促してください。

藤原はその間、浅子農園の指導をお願いしたおじいさんが入院されたのでお見舞い。また、軽トラがないので、枕木は有料で運んでいただくことにして、設置位置図を枕木屋さんにお届け。

こうしてみると、いつでも耡えるように、草を刈れるように、トラクターとハンマーナイフ、刈り払い機は田んぼの近くに、と思います。長屋門借用は長くは心苦しいので、ゆくゆくはヤマの裏手にトラクター他を格納できるコンテナを設置しようかと‥‥。そうすれば軽トラも不要です。リヤカーが必要かな。

そうそう、またひとつ支援金が入ることになりました。それでチェンソー2台?
なかなか完璧にとはいきませんが、ひとつずつ解決していきます。

| 市民田んぼ | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月10日報告

午前中は、昆虫懇談会の牧林先生に市民農園北側の斜面林の樹木調査でご指導いただきました。
除伐する木を一本ずつ見ていただき、しるしをつけました。
除伐については、23日森の専門家森田さんが見に来て下さいます。

ただし、これから2ヵ月ほどは農繁期、田の草取りで手があかないと思いますが、
おいおいチェンソーを用意しますので、田んぼ作業の状況を見ながら伐採し、
光と影のギャップを作りたいと思います。
このヤマは来年以降の田んぼの元肥の資源林として利用する農用林野(里山)ですので、農閑期には田んぼのメンバーもご協力ください。

午後からは県公有地の最後の草刈り。
お隣の高沢さんのお世話になり、ハンマーナイフを運び、
中津原さん、若林さん、渡部さん、そして高沢さんも助っ人になってくださり、本日中にとにかく刈り取りました。
メンバーの協力もさりながら、周囲の方々の支援のお陰。ありがとうございます。

尾島校長より、市民農園の再度の耕耘を指示され、中津原さんが明日11日午後、3回目の耕耘をしてくださいます。いつもいつもすみません。
人数は多くは必要ありませんが、交代要員として、ご都合良い方はお力添えください。藤原も来週からの畦作りの農機具の用意、または枕木運びで田んぼに出ます。


| 市民田んぼ | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月9日 作業報告


午後から作業に行きました。

校長先生はお嬢さんのご主人とブルーベリー畑の
ネット張りの下準備をしておられ、私たちもお手伝い。

針金の張り具合がよくわからず、、、、、、
側溝の泥浚いと雑草取り作業をして帰りました。

ブルーベリーは花が終わり、実をつけ始めています。

渡部

| 市民田んぼ | 09:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月2日報告と10日の予定

5月2日午前中は尾島農園の納屋改修のため、専門家の根岸さん、若林さん、中津原さん三人で測量。佐藤さん、藤原は畑周囲の草刈り。渡部夫妻は香港からの留学生をガイド。

午後、中津原さん、若林さんが24馬力と10馬力のトラクターを田んぼに自走して耕耘。その前に藤原は浅子田んぼの野焼き。幸い道路際で消えてくれましたが、消火用具を持ち合わせないまま乾いた草に火をつけてしまい、どんどん燃え広がる光景はホント怖かった。

2時には21年度市民農園参加者と今年も参加される鈴木チームが集合。活動は受け持ちの区画を担当していただけばいいのですが、さまざまな活動が相互に連携しているので、CCM活動場所を案内しました。市民農園のひと区画での体験にとどめず、農地やヤマで過ごす楽しみを味わっていただければ、と思います。

ヤマで概要を説明中、まさに市民農園辺りでけたたましい救急車のサイレンの音。トラクター操縦で事故でも、と田んぼを見下ろしたが、二人は何にも問題なさそう。市民農園脇の幹線道路で自転車と車が衝突したとのこと。農道はバイパス化して車はスピードを出すし、信号がない四つ辻は樹木で見通しも悪い。皆さま十分気を付けてください。

市民農園参加者の中の金島さんは、これまで畑で野菜を作ってこられた方。さっそくトラクターの操縦をお願いしたところ、何と二人のお嬢さんも支援に来て下さり、おかげで午後の数時間で二つの田んぼの耕耘完了。初日からお世話になりました。ありがとうございました。
F1000035.jpg F1000037.jpg F1000039.jpg
今後ともよろしくお願いします。

市民農園新規参加の方々には、実はもう一つ助けていただきました。中津原さんがトラクターの前輪を排水溝に落としてしまった。危ない!と一瞬頭が真っ白になりましたが、中津原さんしっかりトラクターに取りついておられた。ホッとして、みんなでというか居合わせた新規参加の方々が飛びついて重い車輪を引きあげてくださった。この市民農園大丈夫かな?と思われたのでは。最初からびっくりさせたり、働かせたり、すみませんでした。至らぬ点多々ありますが、お力添えのほどよろしくお願いいたします。

用水路末端の田んぼの側溝も渡部夫妻の手で泥浚い終了。これで用水路も排水路もきれいになって、あとは利根川の水が送られて来るのを待つばかり。利根川上流域の方々、水質保全にご協力ください。下流で待っていますので。

5月9日(土)作業は10日(日)に変更。畦作りを1週間先に延ばし、夏場利用するヤマの出入り口にバリケードを作るなど、ヤマの作業をします(本格作業は稲刈り後の農閑期に)。ヤマの管理はどのような進め方が良いのか、森づくり専門家と共に埼玉県昆虫談話会の牧林先生に指導を仰ごうと思います。牧林先生、さっそく10日午前中、ヤマの状況を見てくださることに。いろいろなお話をうかがえると思います。

| 市民田んぼ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。