2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月27日水見報告より

米の花を撮りたくて、早めに田んぼに走るのですが、うまく撮れない。
以前の品種は花の茎が長く、小さな白い花をつけている様子が見えたのですが、「秋錦」は茎が短いのか寸詰まりでくっきり花びらが映らない。本当にガッカリ。
003.jpg 009.jpg
花弁は小さいけど立派に穂が出ました。
001_convert_20090827111559.jpg
ついでにクワイも撮影。みんな西方を向いているのはなぜ?
スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月24日の水見報告より―米の花が咲きだしました

中津原です。
そうまめに見に行く必要もないかと思いましたが、ついでもあって覗いてきました。行ってよかった。

用水路からの水門のハンドルが完全に閉められていた。誰が何故やったのか分からないけれど、とにかく全開にしてきました。そんなに長いこと閉まっていた訳でもないようで、田の水はそこそこありました。このことは、尾島校長に報告しておきました。

浅子田圃では穂が一斉に出てきて、今が花盛りです。水のフォルム農園もあと1週間でしょう。いい天気が続くので嬉しいですね。



※ここ1、2週間、朝、田んぼに行ける方は米の花をご覧ください。可愛いですよ。

| 市民田んぼ | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月22日報告

22日は第4土曜日でしたが、参加者少なめ。
中津原さん、碓井さん、渡部夫妻、藤原で、市民農園田んぼ、浅子田んぼ及び小熊さんの道路傍の草刈り。
池ノ上さんグループも、草刈しながらテント内では子どもたちの竹工作教室。竹を編んだり組んだりしてテーブルができました。援農することで農家所有の田んぼを市民の憩いの場にさせてもらう。素敵な関係が生まれています。

23日日曜日は「農地・水・環境保全向上対策事業」の関係で田んぼへ行くと、白子さんが草刈り。お盆の前に草刈りしたのですが、一部残してしまい、そこがお盆の間に立派に生長してしまって。なかなか手が回らず、すみません。
小熊さんの草地も茫々。今日は息子さんがトラクターで一気に草刈り&耕耘。農地の草は本当にすごい。人手はいくらでも必要、と改めて思う次第です。

| 市民田んぼ | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月15日報告

1週間の中干しで、水管理も15日(土)の作業もお盆休みとしましたが、中津原さんが都合をつけては覗きに行かれ、小熊田んぼで穂が出始めているなどの情報提供をいただき、藤原も気になって15日チョロキューで一走り。

一面の青田。小熊田んぼや鈴木田んぼではどんどん穂が出ていました。稲の生命力に感動して、辺りを見渡せば、あれだけ刈ったのに雑草も茫々。県公有地のひまわり畑も雑草に覆われて、時間があれば刈ってあげたい、と思いつつ見ないふり。

田んぼにはすでに水が入っていました。市民農園も浅子田んぼも地表に亀裂が入っているのが見えましたので、中干し終了ということにして、用水路取り入れ口のゴミを浚い、ハンドルを開けました。

昨日16日にも中津原さん水見に行ってくださり、市民農園田んぼも穂が出てきているとのこと。米の花は再来週くらいでしょうか。
09_8_15+003_convert_20090817101710.jpg 水のフォルム田んぼ。無肥料だけど、今のところ他と遜色なし。
09_8_15+007_convert_20090817101842.jpg 浅子田んぼも順調です。

| 市民田んぼ | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月8日報告

いつものように早朝より二里木さん、続いてCの北山さん、Gの碓井さんが田の草取り最後の追い込み。若林さん、中津原さん、鈴木さんは浅子田んぼで田の草取り、そしてお盆を前に浅子田んぼ南のビオトープの草刈り。渡部夫妻、藤原は尾島田んぼの草取り。
尾島田んぼ、これまで田んぼに入らなかったためか、ガスが出て臭い。
二里木さんは昼からはヤマ(斜面林)で草刈。
それぞれがそれぞれの役割を果たして、大汗かいてくださいました。

8日、田んぼの水を止めました。1週間ほど中干しします。土を乾かして、亀裂を入れてガスを抜き、酸素を入れます。その後は穂が出てきますので、田んぼに入りにくくなります。北山さんはほぼ完了とのことですが、雑草は次から次から出ていますので、市民農園参加者の皆様はできる限り最後の草取りをお願いします

そして、中干しが済むと、穂孕みの時期。穂が出てきて、米の花が咲きます。生き物たちもたくさん出てきます。生き物観察を兼ねて覗いてください。


| 市民田んぼ | 13:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月5日報告とお知らせ

昨日は二里木さん、今日5日は鈴木さんが水見に出てくださいましたが、田んぼに水がない。用水路にもない。
どうやら上流の田んぼが中干しが済んで再び水を入れているらしい。先週は鈴木田んぼでも水を切っていました。となると、私たちの水のフォルム田んぼ、尾島田んぼ、浅子田んぼも中干しということに。

中干しは1週間ほど水を入れずに田んぼを乾して作土層に亀裂を入れて、地中に酸素を入れ、根腐れや病害虫を防除し、深水だった稲に活力を与えるために行います。
その後は穂孕の時期に入るので、水をたっぷり入れます。
そうこうしているうちに生き物たちがたくさん出てきて、今月終わり頃から9月初めの頃、米の花が咲きます。1週間くらいで咲き終わると、それから40日ほどで稲刈りです。

これからは、除草などしながら生き物観察を楽しんでください。
9月初めにはヤマ(斜面林)の除伐も行いたいと思います。


| 市民田んぼ | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月1日報告

自転車出動はだいぶ慣れ(近道も発見)快適になりましたが、途中緊急連絡で一度戻り、遅れて田んぼ着。

すてに田んぼには、Gの鈴木チームの総勢7、8名ほど?、そして中津原さん、若林さん、佐藤さん、二里木さんの姿。これだけ田んぼに人の姿があると、農家もきっと元気になると思います。
それぞれ田の草取り、畦の草刈りに励んでくださり、ずいぶんこざっぱりました。

遅れて参加の渡部夫妻は尾島田んぼの田の草取り(今年も手伝いが遅くなってしまった。来週はみんなで)、藤原は先日来気になっていた鈴木田んぼのヒエ取り。茫々と風に揺れていた2/3枚の田んぼのヒエを除去。1枚残りましたが、春の元肥え撒きを手伝えなかったので、多少とも手伝えたことが嬉しい。

鈴木家に「ヒエ取りをさせていただきたい」と伺うと来客が二人。
ヒエ取りの承諾を得て作業中、というより1枚仕上げて道路傍で寝転んでいたら、イモ畑で作業していた鈴木さんが来られ、「昨日一人でやったのだけどほんの一部しかできなくて‥‥。どうもありがとう。それにしても他人の田圃まで手をかけてくれるなんて‥‥」「さっきいた来客の一人は尾島さんの近くの人で、『尾島さんがヤマまできれいにしてもらったと言っていた』と藤原さんたちの活動をよく知る人だったんですよ」とのこと。

私たちも援農とはいえ、無肥料・無農薬ですから自分の田んぼ優先で手をかけさせてもらいます。でも市民活動で農業ではないので、ある程度できたら周囲の田んぼを手伝います。そうしてあの見山地区が素敵になって、できれば農家も無肥料・無農薬になって、ブランド米として高く売れたらな、と思っています。

そのためには市民の担い手も増えなければならない。今、大学生たちが興味を持ってくれています。またこれからは企業の応援もあるかな?というところ。でも農家は急激な変化を嫌いますから(それは長い時間を生きてきたのですから当然と思う)、ゆっくり時間をかけて。でも動く時は動かないとね。

| 市民田んぼ | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。