2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月17日、24日の報告

 10月10日にはざ架け(のろし)したCCM担当の浅子田んぼの稲を脱穀し、籾すりして、CCMメンバーに配布。単収8.3俵でした。水のフォルムのCCM活動は、水ネットワーク保全と水質改善のための活動で収量は目的ではありませんが、先日の大型台風でも倒れず(ごく一部に傾斜あり)、収量もあり、しかも天日干し。ちょっと自慢です。
 前日になって脱穀を助けていただく予定だった農家のご都合が悪くなり途方に暮れ、急きょ見山水利組合長小熊さんに相談。小熊さんも豚の購入などで多忙のためどうしたものかと小熊家を巻き込んで思案する中、息子さんが「僕が行ってあげよう」と言ってくださいました。本当に助かりました。

 その後は、私たちの田んぼの稲ワラは青くて良いワラ、と言って農家や植木屋さんが人伝に欲しいと言ってこられます。メンバーはもちろん農家の方々にも自由に持って行っていただいています。
 残りは、私たちの堆肥用と多少は焼いて田んぼを消毒し、灰をカリ肥料にしようと思い、24日はヤマのがけ下の整備に取り掛かりました。

 夏場から二里木さんが下刈をしてくださっていた空間に1.5m×5mほどの穴を掘る予定で、その前に周囲の雑草や払った雑木を燃やしていたら、突然次々とパトカーとオートバイで警官数名が駆け付けてきて、「責任者は誰。火を燃やすことは禁止されている。すぐ消しなさい。通報が入っている」と調書を取られました。

 たき火が禁止であることは知っていましたが、用水路脇の崖下だし、稲ワラ運びをしながら煙の状況を見ていたのですが、それほどでもなかったので、油断しました。警察への通報は多分、不審者が他人のヤマで火をつけていると思われたのでしょう。地主さんや周囲の方々への挨拶もせずにやってしまったのがいけなかった。きっと地主さんに何本も電話が入っていたに違いない。ご迷惑を掛けてしまいました。
 もちろん、ヤマを管理させていただく契約はできているし、自由に取りかかっていいことになっていたし、むしろ田んぼ優先でヤマの管理ができなかったため少しでも早く、という思いもあってのことですが、あれだけ慎重に進めてきたのにと思うと、自らの気の緩みを反省しています。
近く、できたお米をお届けしながら、お詫びと報告に行ってきます。

 ただ、「あの田んぼで稲ワラを焼いている農家にも消すように言ってきた。田んぼの消毒は農薬を撒けばいい、雑草や雑木はゴミに出せばいい、稲ワラを燃やすのは環境に悪い」という警官約一名の発言は、ちょっと違うんじゃないのかなと。
 「さいたま市生活環境の健全に関する条例」の49条に焚火の禁止がありますが、例外がいくつかあって、田んぼのワラ焼きは除外されています。野焼きは大丈夫。用水路のゴミはプラが入っているからゴミ出しの方がいいかもしれません。ヤマの管理上の枯れ木等は時間がかかっても堆肥にしましょうか。一つ活動するといろいろ勉強になります。

 田んぼの活動は、「農家でもないのに、よくあそこまで」と高い評価をいただいているそうで、あの一帯では評判だよ、とさいたま市幹部の方々にほめられています。
 ヤマの活動はこれから、初心に返って慎重に進めたいと思います。
スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 14:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日18日で今年の稲作も終わりです。
澄んだ青空 少し汗ばむほどの陽気でしたが 快適な一日でした。
そこで一句? いや詩を作ってみました。

      ”水 ”

 蕩々と利根川の水流れ来る
 古里の山森田畑潤して
 生きとし生ける命の支え
 永久にある
 我ら守らん見沼の田んぼ

 蕩々と荒川の水流れ行く
 古里の歴史文化を潤して
 生きとし生ける人々の神
 永久にある
 我ら守らんさいたまの水

 蕩々と大地を流る懸河水
 古里の町村自然潤して
 生きとし生ける人々の糧
 永久にある
 我ら守らん日本の未来

                         KATU 09/ 10/ 19

| 市民田んぼ | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月10日市民農園の稲刈り無事終了

市民農園田んぼは枕地は手刈り(二里木さんが早くから刈ってしまって終了)、あとは尾島校長にコンバイン刈りをお願いし、浅子田んぼで手刈り&一条刈り、そしてはざ架け。
天気に恵まれ、楽しい一日になりました。よく11日には参加者の皆様に玄米を配布。
流域の水ネットワークの浄化施設として機能した田んぼで採れたお米。1グループ70kgにもなりました。地域環境に貢献してお米も採れるなんて素敵でしょ。

浅子田んぼの自然乾燥は17日脱穀、18日籾すりを予定していますが、天候次第で18日、19日になるかもしれません。16日中にメールでお知らせします。

これからやヤマの手入れ。よろしくお願いいたします。

| 市民田んぼ | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月3日報告

尾島田んぼの稲刈り完了。
市民田んぼも浅子田んぼも刈り取りを待って黄金色に輝いています。
浅子おじいさんにも見ていただきましたが、立派な出来に「これで無肥料?」と驚いておられました。
皆様が田の草取りを通じて株の周囲をかき回してくださったお陰。
091_convert_20091004170916.jpg 092_convert_20091004171118.jpg
手前浅子田んぼ、前方市民田んぼ。

ただ、雀の集中攻撃を受けていて、17日の稲刈りは、
10日、11日(雨天11日、12日に順延)に変更します。

市民田んぼは枕地と周囲は手刈り、中は尾島校長に機械で刈っていただきます。
浅子田んぼは手刈りと一条刈りで、はざ架けをして天日干しをします。
どちらでも参加しやすい方にご参加ください。

用意するもの●稲刈り用鎌(なければ普通の鎌でOK)、飲み物と昼食、まだ水が残っていますので長靴、稲の葉で肌を切りますので長そでシャツと長ズボン。

駐車●車は浅子田んぼ周囲に迷惑にならないように置いてください。

※CCMは8時半尾島農園集合

| 市民田んぼ | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。