2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12月26日餅つき

9時に尾島農園の坂を上る。尾島校長にこの一年のお礼。早速火起こし。
001-2_20101228144510.jpg 002-2_20101228144551.jpg 008-2_20101228144746.jpg
臼を洗い、温めて、作業台も整い、さぁもち米を蒸すぞ、というところで火に水をかけてしまって鎮火。その後なかなか火がつかない。のし餅用の器材も、こっそり餅つき器も、試食会場もできたのに。
028-2_20101228145025.jpg 024-2_20101228145002.jpg 051-2_20101228145911.jpg 057-2.jpg 087-2.jpg 033-2_20101230164947.jpg 065-2.jpg
030-2_20101228145054.jpg 095-2.jpg 097-2.jpg 101-2.jpg 121-2.jpg 113-2.jpg 115-2.jpg 117-2.jpg
しびれを切らした約数名、いつの間にか裏のハウスで先に大根掘り。
戻ったところで餅つき再スタート。
134-2.jpg 137-2.jpg 156-2.jpg 169-2.jpg 278-2.jpg 164-2.jpg 066-2_20101230115339.jpg 282-2_20101229141842.jpg 255-2.jpg 299-2.jpg 201-2.jpg 291-2.jpg 300-2.jpg 386-2.jpg 311.jpg
搗いたお餅はのし餅に。例年餅つきに時間がかかりすぎて冷めて固くて伸せなかったけれど、今年は力自慢が多く、お陰で温かく軟らかいうちに伸せました。
174-2_20101229143202.jpg 178-2_20101229143430.jpg 184-2.jpg 213-2.jpg 250-2_20101229142250.jpg 259-2.jpg 394-2.jpg 379-2.jpg 380-2.jpg 381-2.jpg
2010年を締めくくる楽しい餅つきになりました。
この一年大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
319-2.jpg 341-2.jpg 349-2.jpg 400-2.jpg

●新年最初の作業は尾島校長にご挨拶。そしてサロンの屋根降ろし。
1月8日9時~
場所は尾島農園の庭です。
スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 15:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1月10日の「水のフォルムの市民講座」案内

PDFでの掲載方法が分からず。息子も助けてくれない。
ということでJpegにして入れてみました。
1.10講演会チラシ_ページ_1-2 (2)
1.10講演会チラシ_ページ_2-2

| 市民田んぼ | 15:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月11日、18日(堆肥作り)報告

忘年会やら、1月10日の講演会準備?やら、NHKFM出演の台本作りやら、あれやこれやで報告遅れました。
12月11日 飯能から丹野さんが「さいたま百景」購入を兼ねて作業に参加。
北山さんと三人で西ヤマの東西アクセス道を整備。完成は来年。
中津原さんと二里木さんはクワイ堀。
001-2_20101221091230.jpg

12月18日 堆肥場拡張および農具舎への小道開削を予定しましたが、小熊農園で堆肥場を空けたいということで、完成堆肥及び半生堆肥を頂くことに。
出来上がった堆肥は北山さんが田んぼに散布。
半生堆肥は断裁したワラとヤマの落葉も一緒に中のヤマの堆肥場に積み上げ(26日にもみ殻を追加)、上からシートをかけました。熟成してきたらひっくり返してまぜ合わせていきます。この堆肥は来年用。
003-2_20101221091948.jpg 004-2_20101221092001.jpg 007-2_20101221092013.jpg 009-2_20101221092036.jpg
稲ワラをカッターでザクザク切る。指導は石関さん。二里木さんはヤマの落葉集め。早出の森さん、草野さんははご用があって帰宅。それぞれ都合に合わせて作業します。
011-2_20101221092057.jpg 013-2_20101221092120.jpg016-2_20101221092200.jpg
野道をリヤカーで堆肥運び。交代で4往復しました。男性陣はハーレムの王様のような黒くて大きな雄豚に感動。「男はこれでなくちゃ!」とのこと。
豚の糞を入れた半生堆肥のふくいくたる臭いはヤマの裏手まで届いたようで、地元佐藤さんが覗きに来られ、「良い堆肥ができそうだね。早めにもらっちゃうよ」とのこと。遅れて来られた前田さんも「辺り一面臭っているよ」ということで、さらに大きなシートをかぶせました。
慣れてくると嫌な臭いではありませんが、家に戻ってみると、わが身が結構な臭い。シャワーと衣類・長靴の洗濯は必須でした。


そのほか地元佐藤さんの指導で小鳥の巣箱を設置。また新しい仲間も増えました。ヤマの裏手の鈴木さんです。私たちの活動をいつも見ておられたそうです。
夜は忘年会。新メンバーの鈴木さんが早速友人を誘って、また海外協力でドミニカ共和国で2年過ごされた大橋さんも参加。加えて雄豚との出会い、野道の堆肥運びが刺激になって、一段と楽しく盛り上がりました。
26日は餅つきです。のし餅作り頑張りましょう。 

| 市民田んぼ | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月4日報告

先週は藤原一人でしたが、刈り払い機に竹専用の刃を付けて実験的に西ヤマの西端の篠竹を刈ってみました。できなくはないけど音がすごい割には少々雑。
ということで本日12月4日は、高原さん、森さんと鋸とナタで取り組みました。このヤマがまたよいのです。
篠竹を刈り、細い照葉樹を取り除いていくと、上からは陽が差し込んで、下の南台バス停からは気持ち良い風が通り抜けていきます。
ヤマの整備は作業したらしただけ環境が良くなっていくところが嬉しいし、励みになります。
ただ、西ヤマは東端と西端の間に契約外の方の土地があり、只今確認しています。また、鈴木敏明さんが開墾して畑地に再生しておられますので、ここも絶対入らないでください。

| 市民田んぼ | 17:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。