2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

21日と28日のこと

21日 
 天気予報では雨または雪というのに、「曇りまたは晴れでしょう。西ヤマの片づけがあるので行きます」と言われる約一名。オーガニックの森竹さん他の活動地見学の約束もあったので、行ってみるとやはり雨。誰もいない。
 その中、森竹さん他は長靴で来られ、ご案内。アカデミーにも興味を持っていただき、寒さ厳しき折でしたが、やはり行って良かった、という一日でした。

28日
 21日に予定した、県民活動総合センターで発行する60歳以上が対象(ちょっとガックリ)の雑誌『あぷろく』の取材と撮影で、㈱コアの前さんと山中さんが遠路走ってこられたのですが、いつもの土江さんが風邪でお休みで朝一は取材クルーと藤原だけ。
 はて困ったと思ったら、いつもの芝原さん登場。続いてオーガニック顧問の平岡さんや森竹さん他。そして北原さん。佐藤さんも「寝坊しちゃって」と言いながら40分かけて自転車で登場。さらに森林の森田さんも。通りすがりの農家も互いに挨拶したり手を振ったり、地元佐藤さんも声が聞こえたからと出てこられて、笑いが絶えない中のヤマになりました。
 それにしても、参加者が自主的に来て自主的に落葉かきしている光景に取材班もビックリ。「スゴイですね」とのこと。記念撮影もにこやかな顔が並んで、どんなページになるか楽しみです。
 さらにすごかったのは森竹さん。「竹運びますから。そのために軽トラできました」と言われて、本当に軽トラいっぱいに青竹を運びこんでくださった。「まだあるので順次運びます」とのこと。これには私たちもびっくり。
 ということで、来年度のはざ架け用ノロシの竹は心配なさそう。それにしても森竹さん、ありがとうございました。

追伸 用水U字溝の改修工事(4mほど)、松本さんの指導で3月3日、4日に行います。多すぎても邪魔と言われますが、交代要員があった方が良いので、可能な方はご協力ください。
スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1月7日・14日

1月7日
24年作業はじめは中のヤマで落葉かき。
その後、地区の氏神様の熊野神社にお参りして、農家に新年のあいさつ回り。
富士山もヤマの中も輝いて、すがすがしい新年を迎えました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
002-2_20120115083621.jpg
001-2_20120115083536.jpg 014-2_20120115083554.jpg 019-2_20120115083610.jpg

読売新聞の記事、1週間で消えるそうですので、改めてここに。
MX-2310F_20120111_155206_001-2.jpg

1月14日
 早朝より(8時半~)再度、森林サポータクラブの方々が県内各地から応援に来てくださいました。
 虫だらけの桜の大樹、畑に影を作っている桜中?樹、台風で先端が折れ道路に倒れる心配があった松※1、その他、きのこの種を植え付けたいという地主さんの意向で落葉樹数本を切って頂きました。
 桜が凄かった。技術があるから適切な伐り込み。ワイヤーロープで引っ張って、ドッスーン。一段と明るく輝くヤマになりました。ありがとうございました。

 1月は、除伐の後片づけをしながら(14日も土江さん、芝原さんが篠竹をさらに刈ってくださいましたが、今徹底しておくと良いそうです)、落葉かきを続けながら※2、桜を玉切りしてくださいましたので、運んでベンチに、と考えています。

 午後後半は、農家兼工務店の松本さんのご指導で佐藤さんと、用水U字溝改築に向けて測量。尾島田んぼの水口が下がり、市民田んぼに入ってすぐ高くなっていることが分かりました。これでは水が来ない。
 ただ、この改修工事、結構大変ですので(材料も既にないので、松本さんがいろいろ検討中)、U字溝約4mを交換し、高さを上げるだけにします。
 尾島田んぼの壊れたU字溝を外し(道路地盤を崩さないように矢板を入れてから掘る)、杭を打ち、高さを調整して、そこにコンクリート版を置き、土を埋めて、U字溝を載せ、モルタールでつなぐ。
 2月中に資材を整え、3月最初の週から始めますので、ご協力お願いします。

※1 ここは地主さんの意向で未整備区画でしたが、地主さんが見に来られて、こんなにきれいにしてもらえるならお願いしますとのこと。これからは西ヤマ南斜面も整備します。
※2 三浦さんの所からヌカ2袋を購入し、入れました。ご家庭で精米の方、ヌカは捨てずにヤマの堆肥場に。生ゴミも歓迎、よろしくお願い致します。

| 市民田んぼ | 08:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1月3日

1月3日
読売新聞に「命うるおす」の第2回に水のフォルムの記事が載りました。
ちなみに農政局での「第5回 地域リーダー・有識者との意見交換会」もアップされていますので紹介します。

| 市民田んぼ | 17:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気が付けば新年

「光陰矢のごとし」、あっという間に23年も終わり。
新たな年を迎えました。
相変わらずの遅れ遅れですが、23年末の日誌です。

12月17日
鈴木清さんの裏山で竹取り。「小さいヤマだけど」と言われるけど、一本一本伐り倒すのは結構時間がかかる。ずいぶん伐ったはずなのに、まだまだ。私たちとしては素晴らしい青竹を頂くことができましたが、ヤマの整備としてはまだまだ。追々取り組みますのでご容赦を。
003-2_20120105113915.jpg 005-2_20120105113933.jpg 007-2_20120105114017.jpg 008-2_20120105114029.jpg

12月23日
堆肥場づくり。例年中津原さんが取り組んでくださってきた堆肥場。時間を作って走ってきてくださり、青竹の素敵な堆肥場ができました。
016-2_20120105114734.jpg 021-2_20120105114756.jpg
土江さんはチェンソーの替え刃が届いて、照葉樹の除伐に夢中。一昨年伐採した腐ったクヌギ?コナラ?の中にクワガタの幼虫を発見。直径5~6㎝はある大きな幼虫。そっと元に戻しましたが。
010-2_20120105114830.jpg 020-2_20120105114849.jpg 024-2_20120105114913.jpg 026-2_20120105114924.jpg

12月25日
恒例餅つき大会。
今回は高原さんの指導で初めて上手につけました。
もち米が相当やわらかくなるまでよく蒸す。最初は二人で交互に手早くつく。最後につき手と返し手が息を合わせてつく。まだ熱いうちにそれこそ餅肌のような餅になる。熱いから、のすのも楽。よくついて空気をふくんでいるからでしょうか、厚みのあるふっくらのし餅ができました。高原さん、来年もこれで行きましょう!!
027-2_20120105120715.jpg 028-2_20120105120725.jpg 032-2_20120105120740.jpg 040-2_20120105120759.jpg 041-2_20120105120849.jpg 044-2_20120105120910.jpg 047-2_20120105120934.jpg 059-2_20120105121000.jpg 064-2_20120105121043.jpg 067-2.jpg 069-2_20120105121542.jpg 075-2_20120105121813.jpg 081-2.jpg 086-2.jpg 088-2.jpg

1月1日
曇りで初日詣中止しましたが、若林さんは雲間の初日と片柳の氏神様、熊野神社で24年の安全と豊作を祈願してくださいました。きっとよい年に。

| 市民田んぼ | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。