2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月21日 用水浚い

 相変わらずお天気に恵まれない土曜日でしたが、雨に降られることなく春の用水浚いができました。
 わが方からは若林さん、佐藤さん、鈴木さん、土江さん、芝原さん、前田さん、玉田さん、リコーチームから樋口さんと二人の坊やと岩田さん、東京からコンサルチームの安藤さんと上田さんの奥さん、そしてお名前失念田んぼ近くにお住まいの若者、新規参加の北口さん、熊谷さん、そして藤原。
 非農家の沢山の参加で見山水利組合30軒の農家の方々にとても感謝されました。
 スタート時には金子代表からお礼の言葉、さらにあえて一言、と会計の小山さんから、水のフォルムメンバーがいつも見山地区でやっていることを報告されて感謝の言葉、そしてさらに用水浚い終了の挨拶でも、再び感謝の言葉を頂きました。(ここまで言って頂くと少々照れます。)
 作業中も「農家だけではとても無理。こんなに来てもらって本当にありがたい」という声を何度も聞きました。 私たちとしても、少々重労働ではありますが、春の半日、農家と一緒にひと仕事する、というのも素敵なことです(よネ)。皆様、ありがとうございました。
 失敗だったのは、携帯のフル活用を想定して朝から充電したため肝心の携帯を忘れてしまった。「浚渫土が植木畑に流出しているのでマンノウを持ってきて」「暗渠浚い隊にここも頼む、と知らせて」という指令に、携帯がないから車で走る。とうとう一度も用水浚いをしなかった。すみません。
 今年は泥が多かった。雨が多く、それも豪雨のせいでしょうか、ヤマの土が流出したみたいです。こういったところの土留めも必要かもしれません。やることはいっぱい。少しずつ解決していきたいと思います。
 それから、いつも応援に来てくださる大宮河川愛護会の藤木さん、見沼の自然と環境を守る会の中信さんが、用水は人手があるので、と水のフォルム市民田んぼ排水溝のゴミ拾いをしてくださり、大量のごみ(不燃3袋、可燃9袋、その他ラジオ、自転車の車輪、傘等)を集めてくださいました。ありがとうございました。
 最後は鈴木清さんの庭で道具類を洗って中のヤマの2号棟?にしまい、その後は尾島家のサロンの屋根架け。
 これはスムーズに出来ました。3枚ずつセットにして梁に上げ、スライドさせて組み立てました。正味1時間くらいだったかな。この屋根架けをしないと私たちの田んぼ活動も始まらない。さあ、これで田んぼに入ります。ただ、レンゲが‥‥。
008-2_20120422103928.jpg 009-2_20120422103949.jpg 015-2_20120422104004.jpg 018-2_20120422104032.jpg 019-2_20120422104053.jpg 021-2_20120422104117.jpg 023-2_20120422105101.jpg
025-2_20120422104218.jpg 024-2_20120422104206.jpg
スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

用水側溝完成!!

 14日(土)はサロン(尾島校長前庭)の屋根架けを予定したのですが、雨。最近雨にたたられ続き。これも自然、仕方ないです。21日用水浚いの後に延期しました。
 その間、レンゲが咲きだした、と前田さんからの連絡。今年は寒かったし、雨も降って水が溜まりがち。前年以上に播いたのに、どうもダメみたい。桜のように遅れても、一時でも、花を付けてくれるとよいのですが。ダメかな~。これも自然か‥‥。種代高かったのに、残念!!

 15日(日)、松本さんより「用水側溝の水口の延長塩ビ管設置完成」との連絡。延長する継ぎ足しの塩ビ管がどうしても見つからず、接着剤でつないだそうです。
 塩ビ管優先ならそれなりにあるかもしれませんが、名古屋から取り寄せた水調節付き水口に合わせるので、近隣では見つからないのでしょう。多忙の中1月から資材集め、設置指導と農家と市民の協働作業に協力してくださった松本さんに感謝。ありがとうございました。
 私たち非農家もそれぞれ多忙の中、見沼田んぼ・見山の環境改善・保全に協力していますが、農家も多忙の中一歩踏み出してくださらないと協働は始まらない。尾島さん、松本さんのような方がいてくださったので協働の輪が広がり始めました。素人ゆえいろいろありますが、都市近郊の農地保全は農家・非農家の協働しかないと思います。懲りずにお付き合いください。
001-2_20120417090558.jpg 003-2_20120417090616.jpg

| 市民田んぼ | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

24年度、スタートしました。

4月7日、24年度最初の活動です。市報で応募してくださった3名の方も互いに顔合わせ。これから1、2年お休みしたグループも追々参加されますので、また一回り活動が大きくなりますが、昨年来の助成金等で農機も増えましたので対応可能、と考えています。とりあえずやってみます。
U字溝は、松本さん、土江さん他のお陰で最終段階なのですが、水口の継ぎ足し塩ビ管が合わず、完成式は1週間持ち越しに。何でも完結させるまでには諸々ありますね。でもそれを乗り越えてなんぼ。分業ではないからこそ学べる大事なこと、と何でもプラス思考です。
011-2_20120408161416.jpg CIMG1156-2.jpg CIMG1164-2.jpg
代用水西縁の桜も寒さの中で一気に開花。尾島さんのブルーベリー畑にキジが来訪(木村紀美子さん撮影)。ヤマにスミレが咲きだして、尾島校長宅への切通し南斜面にタンポポが咲くと、間もなく春爛漫。
CIMG1123-2.jpg CIMG1124-2.jpg CIMG1131-2.jpg CIMG1134-2.jpg CIMG1142-2.jpg CIMG1148-2.jpg CIMG1155-2.jpg
今年から全田んぼ区画制に。中津原さんの指導で田んぼの地籍調査。県の助成金で購入した大型パラソルをお試し設置。風が強く、折角オシャレなパラソル購入したのに評判はイマイチ。小人数のとき、その都度テントを張るのも大変だからとパラソルにしたのですが、今度は風に弱そう。なかなかうまくいかないです。
見山環境保全会で購入した用水路斜面の篠竹を伐るための重量級刈り払い機もやっと到着。操作法はもっぱら土江さんに覚えておいて頂く。何でも土江さん頼み。スミマセン。
尾島校長宅に新年度のご挨拶。尾島家の庭に自生するクマガイソウや花々の見学で賑わうのも間もなくです。



| 市民田んぼ | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。