2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月23日 東ヤマが明るくなってきました

 先週からの続き。高原さん、熊谷さん、芝原さん、ちょっとお休みが続いた土江さん、ただ今当活動が楽しくて仕方ないという中邨さん、川口からの自転車出動でちょっと遅れる川崎さん、息子さんが藤原さんが待ってるよと言うと「行く」と言うのでと樋口さん。それから山形さんファミリーも。そして藤原。そうそう熊谷さんも岩槻からの自転車組でした。みなさま寒い中、ありがとうございました。
 というより持ち主は清さん。「ありがとう、自分の土地にやっと入れた」とお礼にホットコーヒーの差し入れ。すかさず「ここでテントを張ってもいいですか?キャンプしてもいいですか?」と伺うと、「もちろんいいよ。住んでもいいよ」とのこと。今年は夏のキャンプでもしましょうか。
 また隣接する農家の秋元さんも見に来られて「みんなで助けてくれて、ありがとう」とのこと。実はこの秋元さんの農地を切り開いて道路を作ったのですが、法面の土砂が流されて用水路に貯まる。中のヤマの「竜のひげ」を移植したいと思っていました。少しずつ植えていきましょう。
 そしてやんちゃな山形太平君。いつもヤマの中は走ってはダメ、と注意しますが、ほんの数歩歩いて走りまわる。でも東ヤマは篠竹の切り株が多く、注意しなくても自ら慎重に歩いていた。教育の場としても最高です。
 来週は残りの篠竹を伐りながら、中・小照葉樹をのこぎりで伐採します。益々明るくなって、林床に何か咲きだすといいんですが。竹林だったのでどうでしょうね。
007-2_20130224101521.jpg 005-2_20130224101544.jpg 008-2_20130224101605.jpg 010-2_20130224101622.jpg 011-2_20130224101640.jpg
スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 10:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月16日東ヤマで作業

 東ヤマの東の端から篠竹伐り。若林さん、高原さん、芝原さん、熊谷さん、藤原は刈り払い機でバッサバッサ。川崎さんは払った篠竹集め。とても冷たい風が吹く中での作業でしたが、うっそうとした篠竹の壁が取り除かれると中は風も多少は弱いし陽も差し込んで、汗が出るほど。
 ほんのわずかな時間なのに人出があればあっという間。来週は西端に届いて、ここもまた素敵な里山に再生できそうです。
 中のヤマに戻ると、佐藤正太さん、中のヤマ崖下でビオトープ池の下地作り。今に池ができると田んぼと繋がる生き物が育ってくれるかもしれません。昔の見沼の生き物が戻ってきてくれるとよいのですが。
 ただ今藤原、年度末締切で原稿描き奮闘中。来週はお休みさせていただくかも。混合油は事前に2号棟に備えておきます。よろしくお願いいたします。

| 市民田んぼ | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月9日 やっと東ヤマに挑戦

 中のヤマの除伐、西ヤマの除伐。その後なかなか次へ進めませんでしたが、やっと東ヤマに入りました。
 まずは下の用水際から。若林さん、高原さん、芝原さん、熊谷さん、川崎さん、そして本日より参加の中邨さん、そして藤原、7名の作業でしたが、篠竹で覆われていた一角が3時間ですっかりきれいに。みんなで取り組めばあっという間。こんなにスッキリすれば陽ざしを浴びて草花も咲き出すでしょう。
 竹は夏伐る方がよいのですが、私たち夏場は田の草取りで精いっぱい。効率の悪い竹の除伐ですが、それでもやっていれば少なくなる。そう信じて取り組んでいます。
 そして強力な助っ人になっていただけそうな中邨さん。作業中もフェイスブックで情報発信。早速投稿があったようです。この活動は強制でも奉仕でもない。この作業を楽しみたい方に自主的に参加して頂きたい。そうでないと怪我をします。でも早春の陽ざしを受けて、小さな草もちとホットティーの休憩も悪くないでしょ。選ばれた人のみの至福の時、と言ったら大げさかな。
023-2_20130210103712.jpg 025-2_20130210103731.jpg 030-2_20130210103749.jpg 038-2_20130210103810.jpg 039-2_20130210103826.jpg 045-2_20130210103838.jpg
今回も珍しく記念撮影。中邨さんの参加が刺激になったかな?

| 市民田んぼ | 10:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとしたことから

 今日は、ちょっとしたことから手紙を書きました。活動を紹介する箇所を抜粋します。
――――日本は本当に水の国。ただ、この社会は自然の浄化能力を超えて膨張してしまいました。そこで貴社のような技術で解決していこうという道があるのだと思います。そしてもう一つ、生活者も利便性を得るお返しを地域にしていかねばならない、と思っています。
 私たちは流域の富栄養化による東京湾の赤潮・青潮を視野に入れて、市販の肥料・農薬は使わず、日本の里地・里山の循環型伝統農法で米作りをしています(農地法に基づく承認を得ています。現在5反)。斜面林・平地林で除伐をしながら堆肥を作り、田ではレンゲを育て、「カッパナシ」と呼ぶ田の草取りでひと株ひと株株周囲を掻きまわしながら米を育てています。
 首都圏30kmにあって、入って来る用水はどぶの臭い。それが作業をするうちに次第に消えていきます。私たちの田んぼは水源である群馬県大水上山と東京湾をつなぐ水みちの浄化施設と思っています。とはいえ参加者の多くは流域の水に貢献できるらしい、といったくらいの認識で黙々と田の草取りをしているだけ。でもその結果、多種多様な生き物が戻ってきていますし、作業する脇でカモやキジが遊んでいます。それを当たり前のように作業するメンバーが素敵です。
 汚れた水をきれいにすることも「造水」。自然・技術のほかにも市民ができる水再生を知っていただきたく長文になりました。――――

| 市民田んぼ | 11:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月2日

2月は東ヤマと宣言しながら、堆肥場の落ち葉が少ないのでもう1回落ち葉掻き。
熊谷さん、芝原さんは刈り払い機で萌芽更新した照葉樹の除伐。若林さんは崖下で、川崎さん、山形さんファミリーは中のヤマで落ち葉掻き。ずいぶんすっきりしました。
 林床が明るくなったので、間もなくスイセン、3月にはスミレや金ラン、浦島ソウなどなど、たくさん花が咲くと思います。そうそうヤマザクラも楽しみ。崖下で大福と紅茶の休憩。春を予感させる暖かさでした。
001-2_20130203000948.jpg 005-2_20130203001008.jpg 006-2_20130203001024.jpg 009-2_20130203001042.jpg 013-2_20130203001102.jpg 016-2_20130203001120.jpg 019-2_20130203001135.jpg

| 市民田んぼ | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月の作業は東ヤマの篠竹除伐です

 1月があっという間に過ぎてしまいました。
 第1土曜日の5日は、いつになくメンバーの新年会が多く、お休み。
 第2土曜日の12日は尾島校長宅サロンの屋根下ろし。
 以前は校長一人でやっていた作業。手伝うようになって5、6年でしょうか。私たちの手伝いが遅れると一人でやってしまうので、必ず行きますから待っててください、と言っても雪が降るかもしれず、ひやひやでした。波板の上は柿の木の葉っぱや実、それに雪が乗ると破損、ということで毎年雪が降る前に、はずして綺麗に洗って収納しています。
 これが結構大変でしたが、今年は沢山人が集まってくださり(高原さん、土江さん、熊谷さん、前田さん、玉田さん、川崎さん、そして佐藤さんご夫妻)、午前中で終了。助かりました!! 協働するって楽しい。校長も喜んでくださいました。

003-2_20130201095158.jpg 005-2_20130201095214.jpg 007-2_20130201095456.jpg 010-2_20130201095511.jpg
 第3土曜日の19日は、藤原が治りかけていた先々週以来の風邪が再発で益々悪化。やむなくお休みしますと連絡。それでも芝原さんも高原さんも出てくださったのですが、お互いすれ違い。誰もいないぞ、ということで早々に帰られたそうです。
「ダメじゃない。うるさいおばあさんがいないんですから、存分に好きなように作業してくださればいいのに」とは申しましたが、当活動は自主的に時間ができたら積極的にやる、ということですが、でもやはり一人だけも寂しいかな。農家が一人で田を守ってきた気持ちが分かります。

 第4土曜日の26日は、咳き込みながらも作業に。高原さん、熊谷さん、芝原さん、佐藤さん、山形さんファミリーで中のヤマの落ち葉掻き、切り通しの法面再整備、そして藤原は昨年中にできなかった用水路末端のゴミ収集。ついでに田んぼのゴミ拾いも。それにしてもいつもの土江さんの顔が見えない。前回作業でやはり風邪を引いていたけど、再発? 今年の冬はことのほか寒い。皆さんもどうぞお大事に。
020-2_20130201095706.jpg 021-2_20130201095721.jpg 027-2_20130201095739.jpg 029-2_20130201095752.jpg 
017-2_20130201102252.jpg
 これでほぼ目標達成。2月からは東ヤマの篠竹を伐ります。重量級刈り払い機でやりますので、怪我のないように十分気を付けてお願いします。

| 市民田んぼ | 08:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。