2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月20日(日)見山水利組合用水路草刈り

 用水路草刈りへのご参加ありがとうございました。
 農家14名、水のフォルム市民田んぼ22名、見沼ファーム2名、計38名参加して頂きました。大雨の予想もありましたが、晴天。でも例年よりは涼しく、助かりました。
 今年は高齢者施設の方々がフェンス内側の水路沿いを多少とも刈ってくださっていたこと、市民田んぼで12日に事前草刈りをしていたことから、草刈りそのものは、ずいぶん楽に作業ができたと思います。
 だから、水路右岸法面(斜面林側)の刈り払い、除伐にまで手が回るようになった。これまでなんとか手を付けずに済んできたけれど、とうとう斜面の竹や灌木が用水路にまでせり出してきて、用水の通水阻害要因になってしまった、ということでもありますが。
 私たちが今やっている中のヤマ、東ヤマの整備は、そういった用水路法面をなんとかせねば、夏の用水路草刈りだけでは間に合わない、ということも着手の理由でした。農閑期の人出がもう一歩増えたら、こうした上流の斜面林整備にも手を広げたいのですが、一歩ずつです(それには地主さんの了解、あるいは契約も必要ですので。中のヤマ、東ヤマ、西ヤマは地主さんと知事と水のフォルムで管理契約を結んでいます。)
 毎年いろいろ課題が見えてきますが、それでも綺麗になった。これで用水が速やかに流れてくれます。
 と、ご参加くださった皆様にお礼申し上げたいのですが、もう一つ課題が。

 農家2軒の方から、以前のように用水路に除草剤散布を提案されました。以前は草刈り数週間前に除草剤を撒いておくことが水利組合役員の仕事でした。でも私たちが関るようになって、前会長の金子さんが散布を止めよう、と言われ、この3年ほど撒いてこなかった。すると雑草がひどい、ということで、散布容認の声が出てきました。
 それで、事前草刈りや障害者施設に草刈りをお願いしたのですが、それでも間に合わないようで、隣接する農地を借りている苗木屋さんが雑草の種の飛散、害虫を嫌って、フェンス外側に除草剤を撒いてしまう。(除草剤もいろいろあって、スイス系のものは多少害が少ないようですが‥‥。)
 でも、障害者施設の方々によると、その区間の作業は気分が悪くなったり、鼻水が止まらなかったとのこと。やはり生き物に良いはずがない、ようです。それにあの地区は水田指定。本来は水田が優先されるはずです。
 とはいえ、来年度からは別の班の代表が組合長になられます。どう判断されるか‥‥。藤原は今年度で役員終り、と少なからず楽しみだったのですが、来年度からは用水路フェンス外側だけでも草刈り徹底の仕組み※を考えるとともに、見山水利組合役員会にも何らかの形で参画させていただく必要があるかな‥‥、と思い始めております。
 ※ 案ですが、用水路フェンス外側にも区画分けをして、田の草取りと並行して、1回は草を刈っていただくようにしましょうか。30区画はありますので、1区画はほんの少しかと思います。
 いろいろ考えてみます。どうぞよろしくお願いいたします。

≪19日作業≫ 水利組合草刈り準備で刈り払い機調整
010-2_20140721092656553.jpg 011-2_20140721092843d83.jpg

≪20日、水利組合草刈り≫
013-2_20140721093043ea9.jpg 016-2_2014072109305328b.jpg 018-2_20140721093102151.jpg 026-2_201407210931168f5.jpg 027-2_201407210931335ad.jpg 029-2_2014072109314899d.jpg 030-2_20140721093204953.jpg 034-2_20140721093217e94.jpg 036-2_20140721093232f4d.jpg 037-2_201407210932423f0.jpg 041-2_201407210932581a6.jpg 047-2_20140721093310543.jpg
スポンサーサイト

| 市民田んぼ | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月5日、12日、13日

≪7月5日≫
 時折小雨、時に強い雨。それでも各区で田の草取りに勤しむ光景、スゴイです。今年は田植えも上手くいったし、田の草取りも順調。豊作だといいな‥‥。
011-2_20140715062031648.jpg 013-2_20140715062041ac5.jpg 016-2_201407150620511d2.jpg 020-2_201407150621105a3.jpg

≪12日/草刈りとかき氷大会≫
 今年は梅雨らしい梅雨で、田の草取りも楽に感じていたら、台風8号?。豪雨が続き各地で土砂災害。見沼田んぼは被害はありませんが、突然暴風雨になるので「かき氷大会」、心配しましたが、幸い明け方には台風も消滅して、一転して夏の暑さ。田の草取りにはきつい天気になりましたが、その分、かき氷の美味しかったこと。
 担当は富樫さん、山形さん、小出さん、篠崎さんの家族連れチーム。子育て中ならではの「食」にも気を使う女性陣、持ち寄りのシロップが美味しかった。
 苺のコンポート、少しほろ苦く大人の味の梅やレモンのシロップ。抹茶氷の小豆も小出さんが煮込んでくださったとのこと。お手製ゆえに甘みが程良く、それに見沼のはちみつも加えて、よそでは味わえないかき氷、最高でした。
 田の草取りでぐっしょり汗かいて、これはビールでしょ、と思ったけど、かき氷は最高!!、と工藤さん。
 そうなんです、田の草取りの後のかき氷、体中に染みわたって、本当に美味しい。担当してくださった女性陣の皆様に感謝。氷掻きに奮戦してくださった江原ママ、作業台借用・返却に走ってくださった江原さんパパにも感謝。ありがとうございました。
023-2_20140715064054aea.jpg 027-2_201407150641041f8.jpg 028-2_201407150642260ea.jpg 031-2_20140715064248e01.jpg 034-2_201407150643004d1.jpg 037-2_20140715064313832.jpg 039-2_20140715064335530.jpg 040-2_201407150643522a9.jpg 041-2_20140715064408c98.jpg 043-2_201407150644233f5.jpg 046-2_201407150644360b7.jpg 047-2_20140715064446909.jpg

≪13日≫
 県河川砂防課グループが田の草取りをするというので、追加注文の田植え用長靴、手袋を届けに。すでに工藤さん作業中。でも水がない。上流でゴミ詰り?と原因究明に走ったら、上流の沖郷・片柳で用水路草刈りでした。
 用水路草刈りでは、草が流出するので水を止め、水路に落ちた草を搔き上げてから通水します。(これも農家の知恵。シルバー財団などの作業では、そういった知恵がないから、上流の草刈り後は2週間ほど刈り草が流れてきて、末端は大変です。)
 前日のかき氷大会では、なんやかんやと自分の区画の田の草取りができなかったので、藤原、区画片道頑張りました。と田んぼにかがみこんだら、カメラを泥田にぽとり。ゆえに1枚しか撮れず。
 水の再送を待ちましたがなかなか来ない。北原さんの畑で枝豆と大根、芝原さんの畑でシソを頂いて、これはそうめんとビールでしょ、ということで帰宅。
 帰宅して早速、ボールに水を張ってカメラを2回ほど振り洗い。土埃でレンズシャッターが閉じなかったけど、泥が綺麗に取れて、閉まった。これはいいぞ、と思ったら、カメラは機能不全に。やっぱり駄目か、残念!!
 午後は佐藤正太さんが草取り。「水がないで~す」とのメール。「もうすぐ来ま~す」と返事したけど、末端に届くには時間がかかる。田の草取りは水がないとつらい。大丈夫だったかな? でも今年は水量豊富で助かりました。
 田の草取り、あと少しです。よろしくお願いいたします。
048-2_20140715071542900.jpg
水がないので、土地改良区公園の水道で泥を洗い流して、御一行様、バスで浦和駅に。恒例になってきた休憩兼お食事は、サイゼリアだそうです。今度覗きに伺いましょう。

| 市民田んぼ | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。