FC2ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年2月 西ヤマ整備

2月3日(土)切通の雪かき
 節分・立春で、穏やかな日和の作業を想定したのですが、今週も雪。先週の雪が切通の坂に凍結し、通行可能な所は車の轍のみ。凍結して固くなった積雪を取り除き、自転車、バイクも通れる坂にしました。通る方々からお礼の言葉。こうしてみんな仲良しに。
IMG_5845-2.jpg IMG_5848-2.jpg IMG_5849-2.jpg

2月10日(土)用水路法面除伐
 4月になれば用水浚い。機会あるごとに用水路沿いの除伐に努めていますが、人数が少ないのでなかなか。春になったら、みなさま、ご協力お願いしま~す。
IMG_5852-2.jpg IMG_5853-2.jpg

2月17日(土)、24日(土)(カメラ不携帯)
 西ヤマ除伐続き。女性陣は中のヤマで刈り残しを鋏で切り取り作業。中のヤマは除伐や台風等で樹木が減り、林床は明るくなったのですが、以前はなかった篠竹が増殖。本当は根っこから掘り起こしたいのですが、とても無理。ひたすら新芽を摘んでいます。

| 市民田んぼ | 16:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年1月 中のヤマ整備

元旦 見沼田んぼ見山で初日詣

   新(あら)たしき 年の初めに 豊の年 しるすとならし 雪の降れるは  (万葉集4516)

 新年を迎えることは、チェンジではなく元のものが新しくなること。稲栽培をしているとよく分かります。毎年同じことを繰り返しながら、毎年新しいことに出会い、それを乗り越えて実りを得る。そして毎年少しずつ成長していく。
 旧年は穂孕み期の日照不足に台風二つ。大変な年でした。
 紀元1世紀頃、日本中の弥生集落が激減しました。大きな自然災害があったと推定されています。平安時代、世の中が物騒になったのも、地震・水災害、大きな自然災害があったからでは、と藤原の独断。
 近年続く異常気候・気象が自然現象によるものか、現代社会の温暖化問題によるものか分かりませんが、今年も雨が多いそうです。見沼田んぼが遊水地機能を果たす場面も増えるのでは。ということは、私たちの稲栽培が大変になるということ。でも、昨年も二つの台風を乗り越えました。だから大丈夫。でもそれで終わらせず、異常気候・気象に関心をもち、自然と関わる米作りの立場にいるからこそ発言していかねばと思います。
 今年の田んぼからの初日の出、低い雲が立ち込めて辺りは明るいのに、初日が顔を出さない。ちょっと間延びした初日の出。いつもならピンクに染まって輝く富士の白雪も、少々鈍い。でも初日は初日。豊作・家内安全を祈願して、ヤマで甘酒で「おめでとう」。

IMG_5772-2.jpg IMG_5780-2.jpg IMG_5784-2.jpg IMG_5790-2.jpg

1月13日(土)、20日(土)、27日(土) (カメラ不携帯)
 男性陣による中のヤマの篠竹除伐。水仙の葉がだいぶちょん切られてしまった。でも、人手も少ないことから、あまり文句は言えません。田の後片付けの続きに水仙畑の篠竹を刈り、柵をしておこう、毎年思うのですが、なかなか実現できず。来年こそは!!

| 市民田んぼ | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年12月 田んぼ後片付け続き

12月2日(土)
 田んぼの後片付け続き。あちこちに残されたノロシ用竹やハサカケ用ヒモを集めて、来年に向けて保存。ゴミ拾いもしてきれいな田んぼになりました。同時に農具舎の稲わらウォールの交換と収穫米のお礼用小分け作業も。適材適所、だんだん得意分野での活躍がスムーズに。
IMG_5718-2.jpg IMG_5720-2.jpg IMG_5729-2.jpg

12月16日(土)農機の洗浄、注連縄づくり
 田んぼの後片付けが終わったら、清さんの長屋門前で、水を使わせていただき農機の洗浄。今年は発電機も壊れて、電源も拝借。いつもすみません。
 それが終わったら中のヤマで、稲ワラを使って注連縄づくり。来年は、注連縄用に稲が青いうちに刈り取りましょう、と毎年言いながら、田の草取りに夢中で忘れる。来年こそは!!
IMG_5756-2.jpg IMG_5758-2.jpg IMG_5763-2.jpg IMG_5766-2.jpg IMG_5767-2.jpg IMG_5770-2.jpg

12月23日(土) (撮影忘れ)
 ヤマで、農具舎のゴミ分別。終了後、ヤマで各自一品持ち寄りの作業納め。温かく、明るいヤマで、いつものミニパーティーになりました。
 今年は天候に恵まれませんでしたが、終わってみると、自然ってそんなもの。結構恵まれていたような気さえしています。
 でも台風2つは厳しかったかな?。 にもかかわらず、当たり前のこととして取組んでくださり、美味しいお米ができました。感謝感謝です。
 ではみなさま、良いお年をお迎えください。

| 市民田んぼ | 16:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年11月 脱穀と後片付け

11月3日()・4日(土)・5日()脱穀
 脱穀も市民田んぼの重要イベント、たっぷり写真に収めたつもりでしたが、カメラにSDカードが入っていなかった。そんなわけで写真なしです‥‥、すみません。

11月11日(土)田んぼの後片付け
 最近の稲刈りは、コンバインで刈り取り・脱穀・稲わらの断裁を一気にしてしまうので、私たちのハサカケでできる稲わらは農家や家庭菜園をしている方々に引っ張りだこ。それで、脱穀後も稲わらをしばらくノロシに掛けておくので、後片付けが遅くなる。
 でも今や貴重な稲わら、みなさまに差し上げて、残りは中のヤマの農具舎の稲わらウォールとして使用。それまでの稲わらウォールは田に運んで田の肥料に。こうして私たちの田んぼでは、物質も循環しています。
 近くで畑作をするメンバーからの大型カボチャ?、ズッキーニ?のプレゼントも。二つの台風を乗り越えて、安堵の日々です。
IMG_5696-2.jpg IMG_5697-2_20180405155058f81.jpg IMG_5703-2.jpg IMG_5707-2.jpg IMG_5694-2_20180405155038abb.jpg IMG_5711-2.jpg

11月18日(土)・25日(土) 田んぼの後片付けつづき
 17日、籾摺りをお世話になった農林公社から玄米到着。18日は配布用に小分け作業。
 25日も田んぼの後片付け続き。稲刈りが終わると人手も減って、片づけが延々と続きます。でも、晩秋の見沼田んぼでのんびり過ごすのも悪くないですよ。
IMG_5715-2.jpg IMG_5716-2.jpg

| 市民田んぼ | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年10月は台風つづき

台風第21号及び前線による大雨・暴風等
 --10月16日にカロリン諸島で発生した台風第21号は、21~22日にかけて日本の南を北上。23日3時頃、超大型・強い勢力で静岡県御前崎市付近に上陸。全国各地で断水や電話の不通等ライフラインに被害。鉄道の運休、航空機・船舶の欠航等交通障害も発生。--
18日 市民田んぼⅠの東側ハサカケ一列が全壊。緊急連絡で集まっていただけた藤井さん、建石さん、石井さん、藤原で、Ⅰの西側ノロシ空き部分に一段掛けとⅢのハサカケに上掛け。後は棒掛け10数基。
 ノロシは一直線に水平でないと弱い。やはり真竹がいい!!。
 稲束は雨続きでぐっしょり濡れていますが、籾はしっかり殻で覆われ、ささら獅子舞のささらの音を立てて、健在。後は台風の直撃がないことを祈るのみ。
 10月の台風は大災害をもたらします。2013年の台風26号も同じようなコースで伊豆大島に大災害をもたらしました。我々の田んぼも一面湖水になり、強風でハサカケの半分が倒壊しました。でも、そういう災害時、都市周囲の水田が遊水地機能を果たしてくれる。時にはそういうことがあった方が、水への理解を深まるかな?(田んぼをやっていないと分からないネ)

10月23(月)台風21号の復旧作業
 台風一過、と言っても強風が夕方まで続く中、藤井さん、建石さん、芳野さん、小松さん、久保さん、石井さんご夫妻と藤原で、田んぼⅠ~Ⅳの倒壊ノロシのハサを畦畔に並べて干しました。強風のお陰であっという間に乾きましたが、ノロシの修理がまだ。Ⅴ~Ⅵは、二重掛け部分のハサが落下。まだ強風が残り、掛けられず。ノロシはほぼ健在なので、応援依頼のメール送信。
 今回も、ノロシが南北方向のⅠとⅡが半壊。ノロシが東西方向のⅢとⅣは二重掛けが落ちたくらい。台風は西風?来年はノロシの方向はすべて東西方向で!!。
 フジテレビの取材クルー数人が台風被害の取材に来られましたが、その時すでに、落下ハサのほとんどを畦に引き上げ済み。
取材陣、コメ作りのことも、ハサカケについても、分からないらしく、「どこが被害?」と何度も聞いてくる。
 倒れたノロシを指して、水に浸かったハサを畦に引き上げている、と言ってもよく分からない。いつからやっているのかと言うので、朝からと言ったら、朝から今までやっていることが被害と受け止めたらしい。
 強風がハサカケを倒したけど、その強風が畦のハサを乾かしてくれている、自然は人間にとって都合の悪いことも良いこともする、と言ったら、ますます混乱。キョトンとした顔して帰っていきました。
IMG_5613-2.jpg IMG_5617-2.jpg IMG_5625-2_20180405140938267.jpg IMG_5629-2.jpg IMG_5635-2.jpg IMG_5639-2.jpg IMG_5646-2.jpg 周囲の田が守っている新都心

10月24(火)~28日(土)/台風21号の復旧作業つづき
24日 4年前の26号の時は、芝川が天端近くまで満水で見沼の田畑の多くが冠水しましたが、今回の芝川洪水は天端まで1m位はあり、田畑の冠水も少ない。芝川流域の雨量が前回より少なかったのか、上流で越水でもしたのか?。
 それでも、サトイモ畑や前田さんの畑が冠水。前田さん、畝の間に溝を掘って排水に努めるも、低地のせいか、なかなか排水できず。尾島さんも稲刈りをどうしたものか見に来られたけど、水が引いて土壌が固くなるまでコンバインを入れられない‥‥。
 もちろん私たちも大変。藤井さん、建石さん、芳野さん、藤原で、暗くなるまで作業。お陰で道路に並べたハサが、車のすれ違い等でタイヤに挽かれる「ワダチ脱穀」は解消しましたが、その間、道路上のハサを一気に大量に運ぼうと芳野さん、軽トラに積み、Ⅳ東側の幅広畦に乗り入れ、泥田に脱輪して脱出不能に。
 タイヤにブロックをかませたり、藤井さん、建石さん、藤原が体重をかけて脱出を試みるも、びくともしない。15年ほど前、田植機が泥田にはまり、脱出に苦戦したことがあります。だから、トラックを田んぼに入れてはダメ!!、と言ったのに。
 日も暮れかかり、松本工務店の松本さんに電話。「今、帰宅途中。家に着いたらすぐ行くよ」と言っていただき、大型トラックで牽引していただき、無事救出。困った時の松本さん、いつもありがとうございます。
 といろいろありますが、何とか人が集まり、一つ一つ解決。倒壊したハサカケが見沼のオロチに見える。オロチ大暴れなのか、オロチの舞なのか。見沼に鎮まるオロチ、時には存在を見せつけたいのよネ、きっと。
 休憩地のノロシ修築で、竹を立てる穴を開けると、水が湧き出してきた。休憩地の草の下は水。やはり見沼は沼。こういう所の都市開発など絶対ダメ。見沼の最適土地利用は田んぼ。こういう経験からも学んでいます。
25日 損傷の大きい田んぼⅠとⅡの倒壊ノロシは放置。Ⅳと休憩地の部分倒壊ノロシを再築し、ⅢとⅣで二段掛け。それでもまだ、畦に移したハサと休憩地の落ちハサが残っている。応援依頼のメールを送信。
26日 応援要請を受けて藤井さん、若林さん、山形さん、石井さんが頑張ってくださり、後は市民田んぼⅠの畦に移動したハサを棒掛けしてこの日の作業は終了。でも‥‥、明後日はまた曇り・雨、台風22号の予想も。10月の台風は怖い。台風22号が大きな被害をもたらさないよう、見沼のオロチに願いました。
27日 藤井さん、建石さん、石井さんご夫妻と勝さん、藤原で、復旧作業をほぼ終了。午後3時までかかりましたが、お昼に1時間、作業後1時間ほどは、久しぶりの秋空の下、いつもの田んぼお食事会。その間、熊谷さんが腰痛を理由に?早退して駆けつけてくださり、コンバインの調整。
28日 市民田んぼⅡで台風後の落ちハサ用の棒掛け追加。落ちハサを掛ける作業は、台風22号が来ているので、落ちるだけ落ちてからということにして、台風が過ぎる火曜日に予定。
 幸いにして、稲刈り後は雨続きでしたが、寒かったので発芽することなく、また台風による強風が、ノロシを倒しましたが、ハサを一気に乾かしてもくれました。この1週間大いに働かせられましたが、台風被害とともに恵みもいただいて、ノロシ作りも上手になって、今日は秋の陽を存分に楽しみました。来週こそは晴天がつづきますように。
IMG_5651-2_201804051424123f7.jpg IMG_5654-2.jpg IMG_5660-2.jpg IMG_5661-2.jpg

10月30日(月)/台風22号の復旧作業
--台風22号が29日、日本の南の海上を東寄りに進み、九州から東日本にかけて強風や激しい雨。--
 幸い、水のフォルム田んぼは休憩地の棒掛け1基横転と二段重ねのハサ落下少々で済みました。午前中、休憩地のハサカケ復旧を試みるも、まだ強風で崩れやすい。加えて、田がひどくぬかるんでいるので、31日作業にして、応援依頼メールを送信。
 それにしても市民田んぼⅢとⅣのノロシは強風にもびくともせず。スゴイです。ハサを“二分して交差し、掛けて交差を戻す”、これがきちんとできているからでしょうか。一段目も二段目も垂直に一体化し、その重みもあって強風に耐えられる。(一部倒壊は竹が弱かったから)。
 これが徹底していないと、部分ウィッグの二段重ねのに風に浮いて簡単に落下してしまう(表現が悪いか‥‥)。昔の人がやってきたこと、本当に合理的。来年は徹底しましょう。加えて、二段重ねをきちんとできる“のっぽさん”大募集です。
IMG_5663-2.jpg IMG_5665-2_20180405144552866.jpg IMG_5676-2.jpg IMG_5687-2.jpg IMG_5679-2.jpg IMG_5681-2_201804051446275d5.jpg IMG_5683-2.jpg IMG_5689-2.jpg

| 市民田んぼ | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。