≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

29年度水利組合と共同の「春の用水浚い」

4月23日(日)
 前日の事前用水路草刈りができず、当日、用水路泥上げに先行して急ぎ草刈り。でも、水のフォルムの男性陣が素早く取り組んでくれたので、スムーズに進めることができました。
 それにしても15名の農家が出てくださいましたが(水のフォルムは25名)、本来なら当たり前の作業ですが、今やそのうち水田耕作をしている農家は3名のみ。ほかの農家は耕作していないがボランティアで、と出てくださったようなもの。時代が変わればこういうあり方もあるのは、と思った次第です。
IMG_8330-2.jpg IMG_8331-2.jpg IMG_8335-2.jpg IMG_8337-2.jpg IMG_8343-2.jpg IMG_8346-2.jpg IMG_8350-2.jpg IMG_8351-2.jpg IMG_8356-2.jpg IMG_8362-2.jpg IMG_8364-2.jpg IMG_8368-2.jpg IMG_8370-2.jpg IMG_8374-2.jpg IMG_8378-2.jpg IMG_8381-2.jpg IMG_8383-2.jpg IMG_8385-2.jpg

 用水路浚いが終わると、尾島農園のサロンの屋根かけ。新年早々にはずし、洗ってしまっておいた波板を春の来客シーズン前に屋根に懸けます。これも恒例行事になりました。
 尾島農園の前庭の竹林は、クマガイソウの自生地。ほかにも冬のうちから丹精した実生の花々が咲き乱れるので、4月になると遠方からの見学者も多く、尾島農園の庭がにぎわいます。
 作業を終えて私たちの中のヤマに戻ると、新緑の木々の足元にやはりランのウラシマソウが咲いていました。春本番で。
IMG_8386-2.jpg IMG_8390-2.jpg IMG_8394-2.jpg IMG_8396-2.jpg IMG_8397-2.jpg IMG_8398-2.jpg IMG_8399-2.jpg IMG_8400-2.jpg IMG_8405-2.jpg

| 市民田んぼ | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年4月、新年度スタート

4月8日(土)スタート
 毎年4月8日は秩父三峯神社の例大祭。水のフォルムでも20年近く、水分(みくまり)の神に豊年祈願をしています。そのため藤原、田んぼ活動はお休み。それで写真がありません。

4月13日(木)
 アイルコーポレーション㈱で製造する堆肥を寄居から運んでくださいました。水のフォルムの活動、資源も流域内循環を謳っていますが、この堆肥も県内の材料とのこと、ありがたくいただきました。
118-2_20170803152228fc7.jpg 119-2.jpg

4月15日(土)
 この日もどうしたことか写真なし。そうなると記憶も消えて、記録なしです。

4月22日(土)
 遅れ遅れのスタート。まずは畦畔の糸張りなのですが、その前に、排水溝の泥で畦を整備する方が先という男性陣。そんなわけで糸を張る前に畦切りが始まり、明日は春の用水浚い、事前の草刈りが必要なのですが、そこまで手が回らず。
 春の田んぼ、3週間の遅れは作業工程に支障をきたしました。来年は絶対、4月最初の土曜日をスタートにしま~す!!
IMG_8317-2.jpg IMG_8320-2.jpg IMG_8322-2.jpg IMG_8327-2.jpg IMG_8328-2.jpg IMG_8329-2.jpg

| 市民田んぼ | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

28年度最終活動 用水路ゴミ拾いウオーク

3月25日(土)
 恒例年度末用水ゴミ拾いウォーク。4月の用水浚いの事前ゴミ拾いです。ペットボトルや缶、ビンがあると、用水路を浚った泥が用水路に逆戻りしてしまう。こういったゴミを取り除いておけば、泥上げが多少は楽に。この活動も続けて10年余、ゴミの量が格段に減りました。きれいにしておくとゴミを捨てにくいんでしょう。
 ゴミ拾い終了後は中のヤマでトン汁。加えていつものように建石さんや石井さんが、おしゃれで美味しいおかずを運んでくださり、年度最後の賑やかパーティーになりました。
 みなさまこの1年ありがとうございました。それにしても今年のお米、美味しかったですね。17年やってきて最高でした。29年度も何とか無事収穫できますように。どうぞよろしくお願いいたします。
IMG_8253-2.jpg IMG_8255-2.jpg IMG_8256-2.jpg IMG_8257-2.jpg IMG_8260-2.jpg IMG_8267-2.jpg IMG_8271-2.jpg IMG_8273-2.jpg IMG_8275-2.jpg IMG_8277-2.jpg IMG_8279-2.jpg IMG_8283-2.jpg IMG_8286-2.jpg IMG_8290-2.jpg IMG_8293-2.jpg IMG_8294-2.jpg IMG_8297-2.jpg IMG_8299-2.jpg IMG_8300-2.jpg IMG_8301-2.jpg IMG_8305-2.jpg

| 市民田んぼ | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年3月 切通法面の土止め

3月4日(土)
 道路やさんは、斜面林を切り開いて道路を作ると、両法面は農家の土地だから触れない、と言って放置。そのため法面の土砂がどんどん崩れていく。崖際の立木も危険ですし、篠竹が土止めになるかと思うとそれが繁茂して道路に掛かる。
 そこで、ヤマで増えているリュウノヒゲを移植することにしました。
IMG_8204-2.jpg IMG_8206-2.jpg IMG_8210-2.jpg IMG_8214-2.jpg

3月11日(土)
 女性陣は切通の法面整備、男性陣は東ヤマの除伐。こうしてヤマに光が入り込むようになると、これまで低木に覆われ萌芽更新もできなかった幹から萌芽。林床に光が差し込めばヤマが更新する。更新するヤマが里山。里山の意味が分かってきました。
IMG_8216-2.jpg IMG_8227-2.jpg IMG_8231-2.jpg IMG_8232-2.jpg IMG_8235-2.jpg IMG_8221-2.jpg

3月18日(土)
屈強なる男性陣、刈り払い機に混合油を入れて、東ヤマ除伐に出陣。女性陣は切通の法面整備。道理際にリュウノヒゲが並びました。排水溝を覆っていた泥も除いてすっきり。
IMG_8238-2.jpg IMG_8239-2.jpg IMG_8245-2.jpg IMG_8250-2.jpg

| 市民田んぼ | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年2月 里山整備続き

2月4日(土)
今年は毎週土曜日になるとお天気。平日、冷蔵庫に入ったように寒いから空気が澄んで、富士山がよく見えて、さいたま新都心も間近。その足元にこんな冬の田んぼが広がっているなんて、素晴らしいと思う。いえ、広がっているのではなく、みんなの理解と協力で広げているんですネ。ますますのご理解・ご協力お願いいたしま~す。
IMG_8178-2.jpg IMG_8179-2.jpg IMG_8180-2.jpg

2月11日(土)
 農閑期のヤマの作業。中のヤマの下刈りがほぼ終わり、西のヤマに移動。枯損木の除伐。こんなに細く見える木でも、大人二人掛かり。なんでもない木でもその重量に圧倒されます。山の除伐は素人には無理。林業が廃る中、森林税は必要、と思います。
 里ちゃんとお母さんは、田んぼやヤマの作業でついつい後回しになるゴミ集め。生後4か月のころからバギーに乗って用水路ゴミ拾いに参加してきた里ちゃん、里地里山の作業は慣れたものです。
IMG_8181-2.jpg IMG_8182-2.jpg IMG_8184-2.jpg

2月18日(土)
冬枯れの田もなかなかいいものです。こういう時期があるから、春の湖水、風に揺れる早苗、炎天下の青田、秋の黄金色と、移ろう彩りを際立たせてくれるんでしょうね。そう言っているうちに2月も終わり。来週は春、3月です。
IMG_8188-2.jpg IMG_8190-2.jpg IMG_8191-2.jpg IMG_8193-2.jpg IMG_8194-2.jpg

| 市民田んぼ | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。